ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.02.28.[ Mon ]

JESSY - DANCING IN THE DARK

jessy1.jpg

1 Radio Mix 4:11
2 Piano Mix 3:55

プロデューサーがRegiとFilipでVocalがJessy De SmetになっただけのまんまMilk Inc.なJessyの最新Singleは1stアルバム「Rain」からのカット曲でいつものトランスでは無くバラードナンバーです。ゆったりとして綺麗なメロディーにJessyの力強いVocalが見事にマッチして非常に良いです。たまにはこういった曲もいいですね~Piano Mixはその名のとおり伴奏がPianoだけになってよりJessyの力強いVocalが引き立ち良い感じに仕上がってます。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.28.[ Mon ]

OUTROWZ FEAT. NEW G. - WRONG!

outrowz.jpg

1 Radio Edit 3:23
2 Original Mix 7:25
3 CéCéM & Peter Luts Dark Edit 7:24

Wim RomboutsとPeter Lutsによるプロジェクトのようです。この曲はLutsのソロの時よりかなりプログレよりの曲です。Lutsらしいといえばらしい曲ですがノイジーで暗いくKate Ryan - Only If I (Peter Luts Remix)を暗くしかたんじのシンセビートが特徴的な適度なノリのプログレ系の曲です。CéCéM & Peter Luts Dark EditはOriginal MixのVocalを無くして更に暗くした感じのインストのプログレ系のRMXです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.28.[ Mon ]

QUATRO - THE SWEETEST THING

quatro2.jpg

1 Radio Remix 3:39
2 Instrumental 3:39

この曲は彼らの1stアルバムからの先行Singleです。曲の感じとしてはStepsの音を更に軽くした感じの如何にもアイドルらしい元気なダンス・ポップで非常に良いです。前作のTell It 2 My Heartは男性Vocalがメインでしたが今回は女性Vocalメインの構成です。
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.26.[ Sat ]

DJ MENTAL THEO - THINK OF YOU

mt-thinkofyou.jpg

1 Radio Edit 2:55
2 Extended Version 5:10

Charly Lownoise & Mental Theoの片割れMental Theoの最新Singleです。この曲はアルバムからの先行Singleです。Charly Lownoise & Mental Theo時代を彷彿とさせるハピコアに近いイケイケノリノリ全開トランスで非常に良いです。サビの部分のピアノ連打が特にハピコアみたいで非常に良いです。そういえばMental TheoはTMF Award (Belgium) 2003の司会をやってたみたいで以前紹介したSpecial D.のオマケDVDに登場してました。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.26.[ Sat ]

QUATRO - TELL IT 2 MY HEART

quatro1.jpg

1 Radio Edit 2:59
2 Instrumental 2:59

男×2女×2の混成アイドルグループ(多分)です。曲の感じとしてはWestlife初期の作品によくあった爽やかなロックポップで非常に良いです。特にサビのハモリが綺麗で良いです。あと、珍しいことにこの曲は男性Vocalがメインの曲です。
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.24.[ Thu ]

ACE'S DELIGHT - SUBLIME

sDelight.jpg

1 Ace Da Brain - Sunrise (Ace's Delight Mix) 8:56
2 Pervading Call - Destiny (Ace's Delight Mix) 7:10
3 Ace's Delight - Mental Theme (Ultra Trance Mix) 8:21
4 Ace's Delight - Mental Theme (Ace Da Brain's Hell On Earth Mix) 8:18
5 Ace Da Brain - Sunset (Ace Da Brain Mix) 6:48

Ace's DelightことAce Da BrainのCDです。Trancemaster 4005に収録のPervading Call - No Time To Rest (Ace Da Brain Mix)を聴いて以来Ace' Delightにはまってしまい昨年発売のこのCDを買ってしまいました。このCDを聴き終わった後感じたのはタイトルのSublimeどおり崇高な雰囲気でした。正直Destiny以外興味が無かったのですが他の曲のクオリティーの高さにビックリしました。↓で紹介したLast Unicorn 2005とは対極にあるようなトランスです。Ace Da Brain - Sunrise (Ace's Delight Mix)はピアノアルペジオとストリング系のシンセビートとの絡みが抜群の極上エピックトランスで非常に良いです。Darren TateやRank 1系ののシンセが好きな人には間違いなくはまります(笑)。Pervading Call - Destiny (Ace's Delight Mix) Pervading CallはAce Da BrainとSkydiverによるユニットでこの曲はVinylでAbove The Skyより昨年に発売されておりAce's Delight Instrumental Mix、Informers Remix、B.Beach Remix、Skydiver Remixが収録されています。ですのでこのVocal入りのAce's Delight Mixはアナログには収録されておらず今のところ恐らくFullで収録されているのはこのCDだけです。何故Fullだと断定できないかはこの曲の終り方がフェードアウトして終わっているのと、Ace's Delight Instrumental Mixのタイムが8:26だからです。因みにAce's Delight Instrumental MixはトランスコンピアルバムのGary D. Presents D.Trance 26に収録されています。曲の内容ですが何も言うことが無いくらい素晴らしいです。エピックトランスの最高峰と言っても過言では無いくらい文句なしに素晴らしいです。特にブレイク後のピアノアルペジオが感動ものです。あと、曲の要所要所で入ってくるVocalがアクセントになっていて良いです。Ace's Delight - Mental Theme (Ultra Trance Mix)はブレイク後のゆったりとしたストリング系シンセ+ピアノの展開がクラシックの名曲を連想させる荘厳な雰囲気から徐々にスピードアップして盛り上げていく素晴らしい極上エピックトランスで文句の付けようがありません。Ace's Delight - Mental Theme (Ace Da Brain's Hell On Earth Mix)は暗めでスピード感のあるイケイケなイントロを抜けブレイク後のキラキラシンセがたまりません。その後徐々に盛り上げていきイケイケ全開で押しまくるAe Da Brainにしては珍しくハードに押しまくるRMXでこれはこれで非常に良いです。Ace Da Brain - Sunset (Ace Da Brain Mix)は他の曲は一線を画す様なロックテイストのちょっと暗めでハードなトランスで良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.23.[ Wed ]

DA SYLVER AND DEEFOUR - THE LAST UNICORN 2005

unicorn.jpg

01 Original Radio Cut 3:55
02 Extended Radio Cut 3:33
03 Cosmic Squad Remix Radio Cut 3:19
04 Ippy Traxx Remix Radio Cut 1 3:43
05 Ippy Traxx Remix Radio Cut 2 3:45
06 Original Mix 6:37
07 Extended Mix 6:17
08 Cosmic Squad Remix 5:53
09 Ippy Traxx Remix 8:49
10 DeepForces Remix 7:23

この曲はAmericaの1982年に発表の曲「The Last Unicorn」のトランスカバーです。そういえばこの曲確かGroove Coverageも1stアルバムでカバーしてましたね。それにMarc van Lindenも確かカバーしてました。この曲のメロディーが良いのかトランスに限らずこの曲は良くカバーされているようです。で、肝心の曲の内容ですがかなり良いです。ジャーマントランス好きにはたまらない捨て曲無しの収録です。Oringinal MixはこのCDに収録されているRMXの中でサビの部分メロディーラインが一番原曲の雰囲気を生かした作りのジャーマントランスで非常に良いです。メインのシンセリフがMarc van Linden - The Last Unicornに似てます。Extended MixはOriginal Mixより切れの良いシンセリフと煽りMCの絡みが良い感じのRMXです。Cosmic Squad RemixはDj's@Workをややテクノっぽくした感じのバランスの良いジャーマントランスRMXで非常に良いです。Ippy Traxx Remixは煽りMCとSpecial D.ばりのハデハデシンセで押しまくりで終始盛り上がりっぱなしのハードトランスRMXで非常に良いです。特にブレイク後のピアノが最高です。DeepForces Remixはキック強打+疾走感のあるシンセビートでイントロから押しまくるハードで硬派なRMXで非常に良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.20.[ Sun ]

IAN VAN DAHL - INSPIRATION

20050220223323.jpg

1 Radio Edit 3:35
2 TDR Remix 6:29
3 Peter Luts Remix 6:59
4 CéCéM Remix 7:43

この曲もLasgoやその他A&Sのアーティスト同様エグゼクティブ・プロデューサーはA&Sの総帥Stefan Wuytsです。TDR RemixはTDRことTom De RidderによるゆったりとしたテクノハウスRMXです。AnnemieのVocalを多少いじってます。Peter Luts Remixはまったりとしたトランス?ハウス?なRMXでどっちなのか微妙なRMXです。悪食わないんですけどね・・・CéCéMことWim RomboutsによるRMXです。ChilloutっぽいまったりとしたVocalを前面にだしてこないRMXです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.20.[ Sun ]

KATE RYAN - ONLY IF I

20050220222838.jpg

1 Radio Edit 3:11
2 Extended 5:40
3 Hiver & Hammer Remix Edit 3:48
4 Hiver & Hammer Remix 7:23
5 Alex Megane Remix 3:55
6 Alex Megane Extended 6:07
7 Peter Luts Remix 7:38

去年発売されたEU盤に追加RMXを収録したUS盤です。フレンチテイスト溢れるスペーシーなトランスで非常に良いです。EUではこの曲以降出されたKate Ryanの曲はトランスから大きくかけ離れていきました(泣)。Hiver & Hammer Remixは明らかに今流行の路線とは異なりますがフワフワした渋めのシンセビートで攻めまくる渋いトランスRMXで非常良いです。Alex Megane ExtendedはStacccato - Changes同様イケイケ全開の今流行のキャッチーなトランスRMXで非常に良いです。Peter Luts Remix は何じゃこりゃーってくらい別の曲になってます。フレンチテイストの欠片もありません。ほとんどインストで、唯一はいってる Vocal もボコーダで編集されてロボットボイスに・・・。曲の感じとしてはちょっとダークでイケイケなスペーシなハードトランスです。これはこれで別の曲と考えればなかなか良いです。今思えばLutsのRMXはこの曲からおかしくなったような気が・・・
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.18.[ Fri ]

DAVE McCULLEN - B*TCH

20050218213111.jpg

1 Radio Edit 3:12
2 Club Extended 6:30

↓で紹介したLasgoのDavid Vervoortのソロです。フィルターのきいた男性Vocalのテクノハ・ウ・スです。地味目のノリジーなシンセビートで押しまくってます。時折はいる木魚みたいな怪しい音が面白いです(笑)。このあまりいけてない曲ですがベルギーでの人気はあるようで初登場の順位が6位でその後2,3週間Top 20にいました。意外とこの曲侮れないですね(笑)。あと、この曲のPVが意外と面白かったです。おじいさんおばあさんがゆったりとした曲に合わせて踊っているClubでDJを強制退去させてMcCULLENが美女2人と乱入してこの曲をPlayしておじいさんおばあさんが盛り上がるというお馬鹿な内容です(笑)そし極めつけが最後に「I just like to call you my bitch ~♪」とアカペラで大合唱です(笑)。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.18.[ Fri ]

LASGO - ALL NIGHT LONG

20050218210857.jpg

1 Radio Edit 3:28
2 Peter Luts Remix 7:07
3 McCullen und Ritter Mix 6:32

ガビーン!Lasgoお前もか!と思わず叫びたくなる様な路線変更!Peter LutsのソロはぎりぎりセーフですがIan Van DahlといいDavid Vervoortのソロといいハウスに路線変更していたのでまさかと思っていたのですが的中してしまいました(泣)。曲の感じとしてはポップ色の強いビヨンビヨンしたシンセビートが特徴的なハウスです。悪くはなにんですが・・・今までのLasgo=哀愁系Tranceのイメージから大きくかけ離れているのは確かです。ハウスへの路線変更はソロの時だけで良かったんですけどね(泣)。Peter Luts Remixは原曲よりノイジーなシンセビートで攻めまくるClub向け仕様のRMXです。McCullen und Ritter Mixは今流行のブリブリしたノイジーなシンセビートで押しまくるハ・ウ・スです。もう何も言うことはありません(泣)。DJ JeanやG-Spott - City Streetsが好きな人には受けそうです。しかもこの曲のPVがお間抜けです。Eviが赤ずきんちゃんのコスプレで狼や兎などのかぶり物をかぶった人たちと歌いながら踊ってます(笑)。因みにLasgoというグループ名の意味はスコットランドの都市のGlasgowからGとwを引いてLasgoだそうです。あと彼らがよくLiveでスコットランドの民族衣装を着る理由はDavidが好きなのと彼の家族がスコットランドに住んでいるからだそうです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.17.[ Thu ]

CREAMY - WE GOT THE TIME

20050217154623.jpg

01 I Do, I Do, I Do 3:10
02 Help! I'm A Fish 3:20
03 We Got The Time 2:56
04 Little Kitty 3:08
05 Fantasy Island 3:27
06 Never Ending Story 3:53
07 Little 1 3:31
08 Bye Bye Bike 3:12
09 Do You Think I'm Pretty 3:36
10 Fantasy Spaceship 3:03
11 It Can Happen To You 3:13
12 Icecream 3:29

Creamy(Rebekka,Rannva)の2ndアルバムで2000年に発売されました。このアルバムは日本でも2002年に東芝EMIよりボーナストラックが追加収録されて発売されてます。そのして確か数年前に I Do, I Do, I Doがぐるナイのエンディングで使われてました。因みに日本盤だけ収録されているボーナストラックはCreamyの3rdアルバムに収録されている英語の歌詞の曲とSingleに収録さている別RMXを収録してます。以前はCreamyのホームページがありそこで3rdアルバムの情報等が分かったのですが最近久し振りに見てみるとつぶれてました。きっと解散したんでしょうねCDでてないし。I Do, I Do, I Doはオープニングを飾るにふさわしい元気いっぱいでノリノリ全開なダンスポップで非常に良いです。Help! I'm A Fishはアニメ映画の主題歌の様でその映画のベルギー・オランダ版ではK3がBlub, Ik Ben Een Vis! というタイトルでカバーしてます。曲の感じはノリノリなダンスポップで非常に良いです。We Got The Timeはミディアムテンポのメロディーの綺麗な落ち着いた感じのダンスポップで良いです。Little Kittyは可愛らしいメロディーが如何にもアイドルらしいミディアムテンポのダンスポップで良いです。Fantasy Islandは哀愁漂う切ないメロディーが良い感じでスペインの香が漂うラテン系の曲で良いです。Never Ending Storyはあの有名な曲のカバーです。RebekkaとRannvaの可愛らしい声とキラキラした音がマッチしたダンスポップで非常に良いです。Little 1 はレゲエテイストの南国ムード漂うほのぼのとしたダンスポップで良いです。Bye Bye Bikeはノリノリ全開でスピード感のあるテクノトランスポップで非常に良いです。Do You Think I'm Prettyはイントロや間奏部で入ってくるバイオリンの音色がプチ・アクセントになった聴いてるだけで気分がハッピーになるような明るいダンスポップで非常に良いです。Fantasy Spaceshipはタイトルどおりスペーシーでスピード感のあるテクノトランスポップで良いです。It Can Happen To Youはメロディーが非常に綺麗なゆったりとしたテンポのバラードで非常に良いです。 Icecreamはアイドルらしいほのぼのとしたダンスポップで良いです。ちなみこのアルバムは初登場4位で最高順位2位です。
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:6

2005.02.17.[ Thu ]

CREAMY - CREAMY

20050217142827.jpg

01 Æblemand, Kom Indenfor 3:36
02 I En Kælder Sort Som Kul 3:42
03 Krabbesangen 2:59
04 Min Kat Den Danser Tango 3:49
05 Fra Engeland Til Skotland 3:21
06 Snemand Frost Og frøken Tø 3:21
07 Dyrene I Afrika 3:17
08 Jeg Er En Glad Lille Cowboy 3:58
09 Se Min Kjole 3:53
10 Åh, Lars Ejnar 3:28
11 Jamaica 3:42
12 Blæsten Kan Man Ikke Få At Se 3:35

デンマークの超有名アイドル・デュオの1999年に発売された1stアルバムです。この1stアルバムは世界進出を考えていなかったためか全部デンマーク語で歌ってます。ブックレットの歌詞を見ても勿論さっぱり分かりません(笑)。歌詞の内容はさっぱりですがこのアルバムに収録されている曲は何処かで聴いたことがある曲ばかりでよくよく聴いてみるとどうも昔から歌われている有名な曲ばかりを選曲して今風のノリノリなユーロダンスポップにしたようです。特に4曲目のMin Kat Den Danser Tangoはあの日本でも有名な曲黒猫のタンゴです。タイトルから大体予想は出来ましたがデンマーク語で黒猫のタンゴを歌ってます(笑)間奏部のjazzっぽいピアノがとても黒猫のタンゴとは思えないくらいお洒落な感じになっていて良いです。Dyrene I AfrikaはM-KIDSのFunky Monkyみたいでアイドルらしいノリノリ全開なダンスポップで非常に良いです。Jeg Er En Glad Lille Cowboyはこの曲も何処かで聴いたことがあるんですけど思い出せないです。哀愁漂うメロディーに綺麗なピアノがマッチしたカントリーソングで非常によいです。Se Min Kjoleは爽やかでノリノリ全開なダンスポップでアイドルらしい曲で非常に良いです。Åh, Lars Ejnarは90年代後半に一時期はやって未だにドイツ・オーストリア・スイス等で人気のスウェーデンのカントリーテクノグループのRednexの曲風に似たアレンジになってます。要するにカントリーテクノです(笑)。ノリノリで非常に良いです。このメロディーも聴いたことがあり超有名な曲ですが名前がでてきません(ガックリ)。Jamaicaこの曲もレゲエの有名な曲のカバーです。レゲエの南国ムード漂う雰囲気にダンスポップが見事にマッチした曲で非常に良いです。因みにこのアルバムはデンマークでは26周に渡りTop 20に入った化け物アルバムです(笑)。勿論最高順位は1位です。
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.17.[ Thu ]

M-KIDS - VET COOL! Limited Edition

20050217111211.jpg

Disc 1 (CD)
01 Yo, Yo, Yo (Lang Leve De Muziek) 3:27
02 Funky Monkey 3:16
03 Swingen 3:56
04 Over En Out (SPY KIDS 2) 3:19
05 The Jungle Song 3:23
06 1-2-3 3:05
07 Vrijdag 3:06
08 Halloween 3:12
09 Blauwe Bol 3:35
10 Jongens, Jongens, Jongens 3:23
11 Waarom 3:26
12 In Kan Niet Zonder Radio 3:29
13 Het Gaat Om De Zon 3:46
14 Aloha 3:20
bounus track
15 Happy Birthday 3:06
Dsic 2 (DVD)
01 Video Clips
 1 Over & Out 3:24
 2 Swingen 4:02
 3 Funky Monkey 3:20
02 Karaokes
 1 Funky Monkey 3:20
 2 Swingen 4:02
03 Extras
 1 Met Danny Rook In Het Spookhuis 3:30
 2 M-KIDS In Ahoy Bij Fox Kids 3:49
04 Fotos 3:24

以前紹介したM-KIDSのベスト盤より前に出たCDです。DVD付で安かったので買ってみました。ベルギー・オランダのお子ちゃまに大人気のM-KIDSですが、メンバー構成はTamara, Davina, Brittでジャケットの左2人(Tamara, Davina)は名字と生年月日が同じなのと見た目がそっくりなことから双子の可能性ありです。なにせオランダで書いてあるのでサッパリ分からないので何とも言えませんが顔が似ててどっちがどっちか全然分かりませんし(笑)生年月日が一緒って時点でかなり確信がもてます。あとこのCD+DVDのブックレットの最後の方に4ページぐらいですがM-KIDSの漫画が載ってます。でも吹き出しの言語はオランダ語ですから分かりません(笑)。
CD
1~5,8曲目はベスト盤に収録されます。1-2-3はアメリカのアイドルが歌いそうなちょっと切ないメロディーのR&B系の曲で良いです。Vrijdag = FridayはAlcazarが良く歌いそうなお洒落なディスコハウス系の落ち着いた雰囲気の曲で非常に良いです。 Blauwe Bol = Blue Ballこの曲も落ち着いた雰囲気のお洒落なキラキラポップハウス系の曲で非常に良いです。Jongens, Jongens, Jongens = Boys, Boys, BoysはゆったりとしたR&Bテイストの曲でメロディーラインがちょっと独特で面白いです。あとこの曲ラップも入ってます。Waarom = Whyはメロディーの綺麗なバラードで非常に良いです。In Kan Niet Zonder Radio = In is not possible without radio この曲もAlcazarが歌いそうなノリノリなディスコハウスで非常に良いです。Het Gaat Om De Zonはちょっとシリアスな雰囲気のR&Bテイストの曲です。Alohaは曲のタイトルから元気いっぱいのノリノリ全開かと思いきや意外と渋めのスピード感のある曲でした。Happy Birthdayはアイドルの王道をいくようなPop Songで非常に良いです。
DVD
Video ClipsはPV集です。特に面白かったPVはSwingenです。PVの内容はリムジンでClubに行きそこで歌ったり踊ったりしてます。このPVは何が面白いかといいますと出演者が全て子供です。ClubのDJ、ボーイ、客、リムジンの運転手も子供です。あと、子供ですから勿論飲み物はコーラやミルクです(笑)。Funky Monkeyはジャングルの中でノリノリ全開な曲に併せて踊りまくってて面白いです。変な小芝居も入ってます(笑)。Over & OutはSPY KID 2の雰囲気に合わせたであろう感じの作りになってます。Karaokesですがタイトルどおりカラオケです。PVにオランダの歌詞がでて歌う順番に色が変わっていきます。ExtrasはM-KIDSの小芝居が見れます(笑)しかし例によってオランダ語ですから内容は映像を見て何となくでしか分かりません(笑)。Met Danny Rook In Het SpookhuisはM-KIDS in Spookhuisとタイトルが入りそれから映像が始まります。Spookhuis = phantom houseです。タイトルどおりお化けがでる家でちょっと間抜けな展開の小芝居が楽しめます。M-KIDS In Ahoy Bij Fox KidsはFox Kidsという子供向けテレビ番組でのFunky MonkeyのLive映像です。この映像でも相変らずお客で盛り上がっているのは子供だけです(笑)。FotosはBGMがOver & Outの40枚くらいの写真のスライドショーです。
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.17.[ Thu ]

M-KIDS - LIVE!

20050217003140.jpg

1:M-KIDS LIVE
 01:Yo, YO, Yo (Lang Leve De Muziek) 4:01
 02:Bang Boem 7:29
 03:Indianendans 7:29
 04:The Jungle Song 4:15
 05:Funky Monkey 6:13
 06:Halloween 4:15
 07:Het Regent 4:10
 08:Over & Out (SPY KIDS 2) 4:32
 09:Een Mooie Droom 5:10
 10:Swingen 7:00
 BONUS
 11:Medley 6:10
2:ACHER DE SCHERMEN 5:30
3:SPECIAL EFFECTS
 INTRO M-KIDS
 JUNGLE
 OVER & OUT
 VERDWAALD
 HALLOWEEN
4:POWER 0:10

M-KIDSのLive映像てんこ盛りのDVDで、ワイド画面対応映像です。このLive会場が何処なのかはよく分かりませんが、この会場かなり広いです。しかも満員です。あとこのLiveはカメラ持ち込みがOKなのか良くステージの近くまでデジカメを持った人がきてます。そういえばベルギーのTMF Award 2004のLive会場もみんなデジカメもって撮影してました(笑)。M-KIDSはお子ちゃまに大人気だけあって会場のお客さんのほとんどが見た感じ家族ずれでした。しかも一曲目からノリノリ全開で会場の前の方のお子ちゃまも総立ちです(笑)。一緒に踊ってる子供もいました。このDVDの映像は会場のお客さんもよく映してますので現地のお客さんの反応も楽しめます。でもお客さんのほとんどがお子ちゃまで親は保護者として仕方なく付いてきただろ雰囲気がよく分かる映像です。要は子供だけが盛り上がってます(笑)。8曲目まではノリノリ全開ですが9曲目はバーラードナンバーでラストに近づきます。そしてSwingenでノリの良いテンポに戻り終わります。そしてMedleyですが、恐らくアンコールの曲ではないかと推測できます。歌い出す前に会場のお客さんに声が小さいぞ~みたいなことを何回かやり取りしてから歌い出します。そしてこのMedleyですが伴奏がアコーディオン・アコースティックギーター・マラカス・タンバリンと生楽器ばかりでいつもと違った雰囲気でこれはまたこれで良いです。因みにこのmedleyの最後の2曲は世界的に流行って超有名な曲でした。DJ BoboのChihuahuaとLas KetchupのAserejeです。2:ACHER DE SCHERMENは彼女たちのinterviewの映像とLiveが始まる前の準備の映像を混ぜた映像です。勿論オランダでしゃべってますので何を言ってるかサッパリ分かりません(笑)。あと、アルバムPowerがゴールド・ディスク?か何かをとった後の映像が最後に入ってました。4:POWERはアルバムPowerのCM映像です。
  1. Category:DVD|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.16.[ Wed ]

VARIOUS ARTIST - TRANCEMASTER 4005

20050216004545.jpg

Disc 1
01 System F - Ignition, Sequence, Start (Original Extended Mix) 6:22
02 Cygnific - Vires 7:22
03 DJ Tatana - Sunset Beach 6:59
04 Hemstock & Jennings - The Passion (Remix) 8:00
05 Ronald van Gelderen - Cold Storage 6:27
06 Michael Woods - 25th Hour 8:08
07 Leon - Passionate (Original Mix) 8:38
08 Sandler - Theme Song (Sandler Remix) 7:50
09 M.I.D.O.R. & Six4Eight - Mirage 7:47
10 DJ Dave 2002 Pres. Impaxx - Feel (Original Mix) 3:38
11 Marcos - Just For A Day 7:39

Disc 2
01 Randy Katana - Fancy Fair 05 7:00
02 Raster - Desdemonia (Vincent De Moor Original Mix) 8:17
03 Absolute - Day Dream 8:21
04 Yves Deruyter - Born Slippy 6:58
05 RMB - April 7:47
06 Tatana - Silver Rain 7:19
07 Soren Weile - Riot 6:32
08 Human Evolution - Glide Slope 5:59
09 Ron van der Beuken - Endless (4 Clubbers Mix) 6:20
10 Pervading Call - No Time To Rest (Ace Da Brain Mix) 7:00
11 Mike Koglin - The Silence (Matt Darey Tekara Remix) 7:04

私が唯一買いたいと思うドイツのトランスコンピアルバムシリーズTrancemasterの新作4005です。相変らず選曲が渋いです(笑)。Disc 1の「DJ Tatana - Sunset Beach」とDisc 2の「Tatana - Silver Rain」目当てで買ったのですが他にもいい曲が色々入っており非常に良いです。やっぱりコンピアルバムはこうじゃなくちゃいけませんよね。
Disc 1
「System F - Ignition, Sequence, Start (Original Extended Mix)」はいかいにもSystem Fらしい綺麗なメロディーラインに壮大でキラキラしたシンセの雨嵐が心地よい非常に良い曲で癒されます。「Cygnific - Vires」はスペーシーでハデ目のシンセビートで淡々と攻めまくるTiesto系のダッチトランスです。「DJ Tatana - Sunset Beach」は綺麗なメロディーとスペーシーなシンセビートが良い感じにマッチしたエピックトランスで非常に良いです。ちょっぴりバンピーなシンセリフ&キックがアクセントになってます。「Hemstock & Jennings - The Passion (Remix)」重めのキックと宇宙空間を漂ってる感じのシンセが良い感じにマッチしたエピックトランスで非常に良いです。「Ronald van Gelderen - Cold Storage」はRon van der Beuken系の渋くてハードなビートが心臓に響いてくるスピード感のあるダッチトランスで非常に良いです。「Michael Woods - 25th Hour」この曲は明らかにあのFOXのドラマ24を引用してます。まぁタイトルがタイトルですしね。それとこの曲のアナログ盤のタイトルの書き方を見るとドラマ24から引用したのがよく分かります(笑)。うねうねとしたハデ目のシンセビートにドラマ24の時間が変わるところから引用したと思われる鐘音の様な音が見事にマッチした怪しげで独特の雰囲気が良い感じの曲です。「Leon - Passionate (Original Mix)」は綺麗で流れるようなシンセリフが心地よいダッチトランスで非常に良いです。「Sandler - Theme Song (Sandler Remix)」はいかいにもSpinnin'らしいうねうねシンセビートがたまらない曲で非常に良いです。「M.I.D.O.R. & Six4Eight - Mirage」 M.I.D.O.R. & Six4EightはRutger van BostelenとEelke Kleijnの2人組です。スペーシーでスピード感のあるシンセビートと重みのあるキックのバランスが絶妙なダッチトランスで非常に良いです。「DJ Dave 2002 Pres. Impaxx - Feel (Original Mix)」はイケイケ全開でパンチの効いたシンセビートと今にも消え入りそうな細い女性Vocalが意外にもマッチしたハードトランスで非常に良いのに何故かEidt(泣)。「Marcos - Just For A Day」はDarren Tate系のキラキラシンセが綺麗なエピックトランスで非常に良いです。
Disc 2
「Randy Katana - Fancy Fair 05」この曲は自身のヒット曲Fancy Fairのセルフカバーです。原曲を聴いたことが無いので原曲とどう違うのか分かりませんが、トライバルサウンド全開でイケイケな曲です。Randy KatanaといえばIn Silenceしか聴いたことがなかったのであまりの曲風の違いにビックリしました。因みにこの収録されてるRMXはFancy Editです。「Raster - Desdemonia (Vincent De Moor Original Mix) 」RasterことVincent De Moorのこの曲は分厚くて重みのあるスピーディーなシンセビートでイントロから攻めまくりブレイク後の展開が非常にすばらしいダッチトランスで文句なしです。しかしこの曲何故か微妙に1分ほどカットされてます。何ででしょうか?「Yves Deruyter - Born Slippy」はUnderwoldのヒット曲Born Slippyのトランスカバーです。あの有名なフレーズと重厚感のあるシンセビートが上手くマッチして非常に良いです。それだけに約2分ほどカットされてるのは戴けないですね。「Tatana - Silver Rain」はチャカポコしたイントロを聴いた瞬間え?と思いましたがブレイク後はジワジワと盛り上がっていきいつもの展開になりほっと一安心。雨と雷の音がアクセントになってます。「Soren Weile - Riot」Soren WeileはLars FrederiksenとATN,F&W,Flax,Zekt,Tukan等の名義で活躍してる人です。この曲前半はかなりおとなしめですが、ブレイク後の展開はハデハデでスペーシーなシンセビートで押しまくるハードなスペーシートランスで非常に良いです。例によってこの曲も微妙に30秒カット(泣)。「Ron van der Beuken - Endless (4 Clubbers Mix)」は去年オランダで発売されたSingleには入っていなかった4 ClubbersによるRMXです。基本的には原曲とそんなに変わらないのですが原曲よりシンセがハデで明るめになった感じのRMXで良いです。因みにジャケットにはミスプリで4 Clubber Mixとなってます。「Pervading Call - No Time To Rest (Ace Da Brain Mix)」はDestiny同様綺麗なメロディーラインにキラキラ&スペーシーシンセ&ピアノアルペジオが見事にマッチした昇天系極上エピックトランスで文句なしです。特に終盤の盛り上り方が非常にすばらしいです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.15.[ Tue ]

MYSTERIO - EVERLASTING LOVE 2005

20050215120107.jpg

1 Video Edit 3:48
2 Radio Pop Mix 3:34
3 Extended Version 6:58
4 Club Remix 7:59

Mysterioの3枚目(某トランスコンピアルバムには2枚目と書いてありますが間違いなく3枚目です)のSingleはまたまたカバーでした。この曲はSandra Lauerの1987年のヒット曲のトランスカバーです。Extended Versionは原曲の雰囲気を上手く生かしたポップでキュートなアレンジがグットなポップトランスRMXで非常に良いです。Club RemixはZiggy Xのパクリとしか思えないハードビートが特徴的なハードトランスRMXです。Marc Kornといい、X(Cris B.)といいオーストリアではこのZiggy Xのパクリっぽいハードビートが流行ってるんですかね?
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.15.[ Tue ]

STACCCATO - CHANGES

20050215115808.jpg

1 Single Edit 3:49
2 Club Edit 4:17
3 Alex Megane Edit 3:25
4 Vince The Sait Vs. Villa Club Edit 3:45
5 Extended Mix 7:26
6 Club Mix 6:17
7 Alex Megane Remix 5:38

Stacccatoの新曲は相変らずのキャッチーなメロディー&女性Vocal路線で非常に良いです。トライバルちっくなキックがアクセントになっていて非常に良いです。でもこの曲どっかで聴いたことあるような無いような・・・Club Mixは原曲よりサンバ系の軽いノリを強調した感じのRMXだけでノリノリで非常に良いです。Alex Megane Remixは原曲のキャッチーさを生かしつつもハードに攻めまくるイケイケ全開のハードトランスRMXで非常に良いです。そういえこの人Kate Ryan - Only If IのRMXをUS盤でしていてましたね。Vince The Sait Vs. Villa Club Editは原曲を全く留めてないスペーシーでノイジーなDub Mixです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.15.[ Tue ]

MICHAEL SPLINT FEAT. SASJA - SECRETS (BROKE MY HEART)

20050215114923.jpg

1 Radio Mix 3:27
2 DJ Choose & F Vocal Mix 7:08
3 DJ Choose & F Instrumental Mix 7:02
4 Airbase Remix 7:21
5 Original 7:13

Originalは何とも哀愁漂うメロディーに脱力系の女性Vocalがピッタリマッチした哀愁系ユーロトランスで良いです。Radio Mix何故かこのRMXだけChristophe Chantzis(Ian Van Dhal)が参加。そのせいか暗めの曲がハデハデシンセ炸裂な明るめのイケイケ全開のトランスになっていて非常に良いです。どうせならこのExtended Versionも収録して欲しかったです。あとどうでも良いのですがIan Van Dhalの新曲は明らかに今までのトランスでは無かくどちらかといえばハウスよりだったので、もうトランス辞めたのかと思ってました。なのにこのRMXはイケイケ全開でChristophe Chantzisは何を考えてるのかサッパリ分からないですね。DJ Choose & F Vocal Mixは原曲の暗さを更に増強させたような暗めのメロディーラインにハデでスピード感のあるシンセリフがしびれまくりなハードトランスRMXで良いです。Airbase Remixはイントロから聴いた瞬間それと分かる機械的でバキバキした重厚感のあるAirbaseサウンド炸裂しまくりでまるでAirbaseの曲みたいになっていて非常によいです(笑)。ブレイク後のギターの音色&ヴォコーダでいじったロボットボイスが何とも怪しくてに良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.13.[ Sun ]

VARIOUS ARTISTS(EESTI) - EESTI MUUSIKAVIDEOD

20050213131706.jpg

01 MEIE MEES - Sinine vilkur
02 PS TROIKA - Raha ei ole
03 LUCI & ANÉ - Pannkoogilaul
04 PASADENA - Iga Maarjamaa Pasadena...
05 PIXIE TWINS - Raske loobuda
06 2 QUICK START - Nii kuum on tunne
07 CAATER - Dance With You
08 VANILLA NINJA - Nagu rockstaar
09 LIISI KOIKSON - Headstrong
10 JÜRI HOMENJA - Klaver
11 OVERSTYLE - Sinu juurde
12 MARIA KIRSI - The Whole World Is In My Hands
13 TUBERKULOITED - Ole mu silmades
14 CAMILLE - Katjusha
15 SOBE - Moon In The Mind
16 SINGER VINGER - Massikommunikatsioon
17 ARNOLD OKSMAA & BRASSMANS SHOW - Lahkuminek
18 N-EURO - Rukkileib
19 PS TROIKA - Kui meri oleks õlu
20 VAN GOGH - Don't Blame Me
21 PASADENA - Vastu taevast
22 KARAVAN - Tore päev
23 ANACONDA - You, You, You
24 LUCI & ANÉ - Pärnu rannas
25 KIRSIPUU & KASESALU & THE ROCKIN' GUYS - Hot Dog
26 VENNASKOND - Täna jälle me joome bensiini
27 BONES CLUB - Vaikus kõnnib meie vahel
28 JÄÄGERMEISTRID - Tango
29 LUCI - Pime öö
30 FLAME - Sügise leek
31 NIGHTLIGHT DUO - Vihmane päev

Estoniaの色んなミュージックビデオてんこ盛りのDVDです。以前紹介したDVDのVOL 1です。VOL 2より怪しい曲が多いです。しかもこのDVDクローズドキャプション機能が付いておりEstonia語の字幕が設定で出せます。Estonia語自体が分からないので、まぁあまり意味がないのですけどね。因みにVOL 2には何故かこの機能が付いてません。このDVDで時に面白かったのがLUCI & ANÉ - Pannkoogilaulです。何が面白いたってまず男性と女性が料理をしながら歌っている時点十分怪しいのですが、格好が更に怪しいです。女性の方は上半身水着&網タイツでフライパンで料理しながら曲に併せてノリノリに踊ってます(笑)。男性の方も十分怪しい格好しながらノリノリで踊ってます。更に歌詞も怪しいです。字幕を見ながら発音を聞く限ではテフロン・パンがどうのこうのとサビの部分で熱唱(笑)してます。しかも曲調がコメディータッチのカントリー調です(笑)。非常にお間抜けでよろしいです(笑)。2 QUICK START - Nii kuum on tunneこの曲は1996年の曲のようです。確かにあの頃流行ったエイス・オブ・ベイスやリアル・マッコイ系の音です。CAATER - Dance With Youは如何にもCaaterらしいイケイケなインストのユーロトランスです。そしてこのDVDの中で一番気に入ったのがMARIA KIRSI - The Whole World Is In My Handsです。MARIA KIRSIが男性とDuetで普通に英語で歌っている曲ですがメロディーが綺麗な如何にも北欧系らしい哀愁系Popsで非常に良いです。このPVの最初と最後の小芝居はまったく訳が分からないのでいりますせん。CAMILLE - Katjusha はタイトルどおりロシアの有名なあの曲です。CAMILLEが今風のダンスポップ系の音に合わせてバイオリンを弾いてます。ANACONDA - You, You, Youは勿論ドイツでSingleだしてるあのAnacondaではなくて2人組のアイドルグループです(多分)。曲はアイドルらしいダンスポップで良いです。LUCI & ANÉ - Pärnu rannasは3曲目同様アホアホ全開のプロモで笑えます。しかもまたANÉが何故か水着姿です。何か意味あるんですかね?面白いのでなんでもいいんですけどね。KIRSIPUU & KASESALU & THE ROCKIN' GUYS - Hot Dogはエルビス・プレスリー系のロカビーリーです。プロモの映像も如何にもアメリカな作りで勿論リーゼントです。BONES CLUB - Vaikus kõnnib meie vahelは曲は普通なのですがこのバンドのメンバー構成が変わってます。ベース(多分)とドラムが女性でボーカルとギターが男性です。珍しいメンバー構成です。LUCI - Pime ööは3,24曲目でANÉとお馬鹿なプロモで笑わせてくれたLUCIのソロです(多分)。期待通りお馬鹿全開のプロモで笑えます。ソロになったせいか更に輪を掛けてお馬鹿丸出しです(笑)。
  1. Category:DVD|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.13.[ Sun ]

VARIOUS ARTISTS(EESTI) - EESTI MUUSIKAVIDEOD VOL 2

20050213131006.jpg

01 Vanilla Ninja - Blue Tattoo 4:09
02 Toe Tag - Legendaarne 3:59
03 Blacky - Ja põleb maa 5:22
04 Dynamint - Klubi paradiis 3:53
05 Cardinals - Vikerkaar 3:50
06 Sõpruse puiestee - 1905 3:22
07 Koer - Maiu on piimaauto 3:08
08 Blind - Emmanuelle 4:34
09 B-Jeans - Varjude mäng 3:58
10 Chupacabra - Tere Kertu 3:00
11 Soul Milita - Freak in Me 4:19
12 April Frost - Every Day 3:38
13 Singer Vinger - Koduke 2:58
14 Boombay Boogie - Ka ämbrist tõusta võib päikene 4:33
15 PS Troika - Seep 3:02
16 Janelle - OK! 3:57
17 Koer-Igapäevane menyy 2:17
18 Imre Mürk - Malviina 3:31
19 Mari Liis - Kellegi jaoks 3:13
20 Cookies - Dreamers Delight 3:53
21 Blacky - Vaata vaid mu poole 3:52
22 Blind - One of a Kind 3:48
23 Vanilla Ninja - When the Indians Cry 3:30
24 Sõpruse puiestee - Olen õnnelik, et inimesed on nii ilusad ja head 3:33

EstoniaのMUSIC DVDです。タイトルは勿論、何を謳っているのかサッパリですが面白映像満載です(笑)。この中で特に良かったのがDynamint - Klubi paradiisです。見た目恐らく3人組のアイドルグループだと思うのですがこのKlubi paradiisという曲は軽めのほのぼのとしたダンスポップで非常に良いです。そして注目すべきはB-Jeans - Varjude mängです。何が注目すべきかのといいますと、この曲どっからどう聴いてもMissing Heart - Moonlight Shadowのパクリです。曲はそのままで歌詞だけをEstonia語に変えただけです(笑)。その証拠に曲の間のバックコーラスが「Moonlight~♪」と英語です(笑)。B-Jeansは男性+女性×2のグループで、初め男性(明らかにメイン)がEstonia語で歌ってるのでそれを見るだけでも面白い映像です。あと印象にのこったのはJanelle - OK!です。どっかで聴いたことある音だと思いつつ見ていて思ったのが、よくよく聴いてみるとCaaterプロデュースのTrinity「Mäng = Just a Game」に激似です。恐らくこの曲のプロデューサーはCaaterで間違いないと思います。 Read more ≫
  1. Category:DVD|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:1

2005.02.11.[ Fri ]

DJ ROBERTO K - YOU & ME

20050211223007.jpg

1 Original Club mix 5:48
2 Romeo vs. Orlando rmx 7:42
3 DJ Sledge Hammer rmx 5:28
4 Cosmic System rmx 5:00
5 Indurro rmx 5:48
6 Pop mix 2:53

この曲の作曲がMarc Korn、作詞とプロデュースにDJ E-MaxXも絡んでいるので曲の感じとしてはMarc Kornと同じ系統てかほぼMarc Kornです(爆)。Original Club mixですが、イントロからZiggy Xのパクリ?ぽいハードな音で攻めまくりブレイク後キャッチーなメロディー&女性Vocalで盛り上げていく良くあるパターンのハードな女性Vocalトランスです。時折はいるジュリアナテクノのみたいな「フォー」という怪しいシャウトが面白くて良いです(笑)。Romeo vs. Orlando rmxこのRMXは全体的には良くあるジャーマントランス系のハードトランスRMXでが、メインのシンセリフが何とも可愛らしい感じの音でハードなんですが何処か不思議な感じがするRMXで何ともいえず良いです。DJ Sledge Hammer rmxはシンセよりキックを前面に出して強調したようなハードトランスRMXです。Cosmic System rmxこのRMXはイントロから曲の盛り上がりかたまで良くある典型的な流行のジャーマントランス系の作りです。唯一このRMXの個性としてはシンセがチャカポコしてることくらいです。Indurro rmxこのRMXも他のRMX同様キック強打のハード路線ですが時折入ってくるピアノアルペジオがキックと上手くマッチしたRMXで非常に良いです。Pop mixはそのなのとおりPop mixです誰がどう聴いてもPop mixです。キラキラ系のキャッチーなメロディーにギターリフがアクセントになって良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.11.[ Fri ]

MARC KORN - FEEL FREE

20050211163326.jpg

1 Original Radio Mix 3:40
2 Steve Twain vs. Mysterio Radio Mix 3:54
3 Original Club Mix 7:30
4 Steve Twain vs. Mysterio Remix 6:56

Marc Kornの新曲はMysterioのStephan Deutschとの共作でオリジナルの曲です。しかもこの曲は作詞がTimo WucherpfennigでプロデュースにThomas GreislとSteve Twaionが絡んでいるのでほとんどMysterioです(笑)。キラキラ系のキャッチーなメロディー&リノリリなシンセビートにフィルターの掛かった女性Vocalがマッチしたイケイケなハードトランスで良いです。フニャフニャした感じの何ともお間抜けなメインのシンセが好みが分かれそうなRMXです。Steve Twain vs. Mysterio RemixこちらのRMXはキラキラした感じを排除したハードなRMXです。オリジナルのRMXよりイケイケで切れ味の良いメインのシンセリフが良い感じのRMXで非常に良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.11.[ Fri ]

X - CLOUD 9

20050211161520.jpg

1 Original Radio mix 3:45
2 Commercial Club Crew radio 3:48
3 Deepforces rmx 7:20
4 Original Club mix 6:12
5 Commercial Club Crew rmx 6:41

Deepforcesの片割れXことChristian Blecha(今年で20歳)のシングルです。この人はDeep. Spirit - LonelyでRMXをやってた人です。それ同様この曲もZiggy Xをもろパクったとしか言えないシンセビートでハードに攻めまくる哀愁漂うメロディーに男性Vocalが見事にマッチしたハードトランスで非常に良いです。しかしここまでZiggy Xをパクった様な音で良く本人から苦情がこないですよ本当に(笑)。Ziggy Xが知らないだけなのかそれともあえて無視しているのかは分かりませんが・・・Deepforces rmxはChris B.だけでなくRaig M.が加わってるだけあってハードなのはハードですがZiggy Xもろパクリの音でなくスピード感があって切れの良いハードなシンセビートが非常に良いです。ブレイク後のキラキラピアノリフが綺麗でアクセントになってます。Commercial Club Crew rmxこちらのRMXも原曲に負けず劣らずハードに攻めまくるジャーマンハードトランスで非常に良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.11.[ Fri ]

EAST CLUBBERS - E QUALITY

20050211005602.jpg

01 Intro 1:38
02 Equal In Love 4:08
03 Beat Is Coming 4:20
04 Feelin' (Once Again) 4:23
05 To The Moon And Back 3:21
06 All Systems Go !!! (Vs. DJ Muh) 4:42
07 Silence 3:59
08 Wonderful Dancing 5:21
09 The Real Thing 4:33
10 Action (Need More Satisfaction) 4:28
11 Equal In Love (Extended Mix) 5:01
12 Beat Is Coming (DJ Speed Mix) 6:20
13 To The Moon And Back (DJ Two-S Mix) 6:53
14 All Systems Go !!! (Nestor Project Mix) 6:51
15 Wonderful Dancing (eXtatic Mix) 3:50
16 Beat Is Coming (DJ Lazzaro Mix) 7:09

↓のレビューの最後に書いたとおり、3曲目の「Beat Is Coming」が某トランスコンピアルバムに見事にパクられた記念(笑)に昨年9月に某HPでレビューしたものを編集し直してUPしてみました(笑)。パクルのは一向にかまわないのですが・・・パクったなら責任もってフルで収録しろ~!どうせこの曲4分だいなんだから。East ClubbersはPolandのプロデューサーのJanardanaとDJ SilverのProjectです。ジャケット左がDJ Silverで右がJanardanaです。Janardanaは2002年DJ Pinoと組んでClubringer名義でFreddie Mercuryの「I was born to love you」のカバーをポーランドでリリースし、その後DJ Pinoがイタリアに行き離脱、代わりにDJ Mixdownをメンバーに加え2003年に新たにポーランドのダンス系レコード会社と契約しロシア人とポーランド人のhalfのYuliaをVocalに加えSingle「Weiwmia Afniej (後に Sound of My Dream に変更)」をリリース。しかし、代わりに入ったDJ Mixdownが離脱。その後DJ ProgressとDJ Galaxyをメンバーに加えVocalにKate Lesingを迎えVillage Peopleの「Go West」のカバーをリリースする、そしてイタリアからDJ Pinoが戻って来るも、レコード会社との契約が打ちきりになりClubringer Project は終了。その後ドイツのZYXから声が掛かりTrinityとしてMaggie Reillyの「Everytime We Touch」のカバー (VocalはKate Lesing) をリリースし、2004年にも「Walk Alone」をリリースする予定だったが突然お蔵入りになりTrinity Projectは終了。そして、DJ Silverと組みEast Clubbers名義でポーランドやその他のヨーロッパのclubで「Equal In Love」をhitさせる。と言う理由で全体的な曲の感じとしては、元々のProjectが Trinity なのでイケイケハードトランスです。今回もVocalはKate Lesingで、3,5,7,8,12,13,15,16でVocalを担当してます。5,13曲目の「To The Moon And Back」はSavage Gardenのカバーです。それ以外は Originalの曲です。
「Intro」はいかにも東欧の雰囲気満点なイントロです。Beat Is Coming」ピアノリフとメインの流れるようなシンセリフがすごく綺麗な美メロの女性Vocal(Special D.がよく使いそうな高いキーのVocal)ハッピーハードトランスで非常に良いです。「Feelin' (Once Again)」は Roccoっぽいへなちょこシンセビート+怪しげなメロディーラインに怪しさ大爆発な「Feelin'~♪」という脱力系のvoiceがマッチした怪しいハードトランスです。「To The Moon And Back」この曲はサベガのヒット曲のトランスカバーです。原曲の雰囲気を生かしたキラキラピアノアルペジオ+イケイケシンセビートのHardトランスでかなり良いです。出来ればExtendedも聴きたかったです。「All Systems Go !!! (Vs. DJ Muh)」全体的にシンセビートがへなちょこでキック強打のTrack物ハードトランスです。「Silence」は良くある感じの哀愁漂う綺麗なメロディーにKate LesingのVocalが見事にマッチしたユーロトランスで非常に良いです。「Wonderful Dancing」はトライバルサウンド全開なイケイケイントロをブレイク後哀愁漂うキラキラピアノ+Vocalで徐々に盛り上がっていきキック強打+イケイケな分厚いシンセビートで最後まで押しまくる哀愁系ハードトランスで非常に良いです。時折はいるトライバル系のキックが適度なアクセントになって良いです。「The Real Thing」はピアノブレイクが綺麗なTrack物のキック強打のスピード感溢れるイケイケキラキラハードトランスで良いです。時折はいるベルの様な音やMCのシャウトがアクセントになっていて良いです。「Action (Need More Satisfaction) 」はキック強打+ノイジーで心臓に響くような重めのBenassi Bros.系シンセビートが特徴的なハードトランスです。時折はいる女性のシャウトがアクセントになってます。「Equal In Love (Extended Mix)」この曲はヨーロッパでのClubでヒットしただけあって分厚いシンセ+重めのキックで攻めまくるスピード感溢れるノリノリなハードトランスで非常に良いです。時折はいる女性&男性の台詞がアクセントになってます。「Beat Is Coming (DJ Speed Mix)」はキック強打+イケイケシンセビート+ピアノ連打のAqualoop系のハッピーハードトランスRMXで非常に良いです。「To The Moon And Back (DJ Two-S Mix)」はVocalがボーコーダ処理されていじりまっくたバキバキの Hardトランスになっていて原形を留めてません。「All Systems Go !!! (Nestor Project Mix)」はメロディーがとても綺麗なキラキラエピックトランスRMXで原曲よりかなり良くなっています。終盤のブレイク後のピアノアルペジオが特に綺麗で非常に良くこのCDに収録されている中の曲で一番の出来です。エピック・ダッチトランス好きにはマストなアイテムです。「Wonderful Dancing (eXtatic Mix)」はツーステップ風の軽めのダンスポップRMXで悪くはないです。「Beat Is Coming (DJ Lazzaro Mix)」はキック強打に独特の怪しげなノリの良いシンリフで最後まで押しまくるVocal少なめのハードトランスで聞き込めば聞き込むほどにはまりそうな良いRMXです。因みにEast Clubbersの由来はポーランドがヨーロッパの中央から東よりにあるからだそうです(名前の付け方が安直すぎる気が・・・いいのかそれで~)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.11.[ Fri ]

TRINITY - TRINITY

20050211003218.jpg

01 Meeletu öö 3:34
02 Utoopia 3:27
03 Noor 3:33
04 Muusika 3:24
05 Mäng 3:42
06 Vari 3:56
07 Võõras 3:27
08 Veel ei tea 3:12
09 Tantsin tormi tuules 3:27
10 Paranormaalne 3:37
11 Unetus 3:40

このCDは以前レビューしたTrinity feat. Caater - The Queen Of Night のEstonia語Versionといっても良いくらいあのアルバムと対で購入しないとサッパリ何の曲か分からないCDです。勿論全てEstonia語で歌ってますので何を歌っているのか訳が分かりません(笑)が、Trinityが母国語で歌ってるだけあって英語とは違ってこれはこれで非常に良いです。因みに曲が一緒なのはMeeletu öö = Never Ever、Utoopia = The Queen Of Night、Muusika = Music、Mäng = Just a Game、Vari = Have It All、Võõras = Stranger、Tantsin tormi tuules = A New World、Paranormaalne = No Matterです。ですのでこのアルバムで初めて聴くのは3曲目の「Noor」と 11曲目の「Unetus」です。「Noor」はメロディーの綺麗なポップトランスで何言ってるかサッパリ分かりませんが非常に良いです。「Unetus」は最後を飾るにふさわしいChillout系のゆったりとしつつもテクノっぽさが適度に残った良い曲です。この曲もサビのメロディーが綺麗で癒される感じの非常に良い曲です。このアルバムの曲もEast Clubbers同様某トランスコンピアルバムにパクられそうなくらい良い曲ばかりです(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.11.[ Fri ]

MANDARYNA - HERE I GO AGAIN

20050211002902.jpg

1 Radio Mix 3:07
2 Axel Konrad RMX Cut 2:56
3 Extended Mix 5:16
4 Axel Konrad RMX 5:25

ポーランド人の歌手で女優の Mandaryna こと Marta Katarzyna Wisnieska のシングルです。この曲はブルーズ・ハード・ロック・バンド Whitesnake のトランスカバーです。以前某HPでレビューしたあのアルバムに収録されていた曲です。しかもこの曲本国ポーランドではRadio EditとExtendedしか収録されていないシングルしか発売されておらず、あえなくお蔵入りしていたAxel Konrad RMXを収録した正規盤としてリリースです。以前トレハンでレビューしたとおりプロデューサーはRMXの名前にもあるとおりアクセル・コンラッドですから、勿論イケイケ全開のジャーマントランスで非常に良いです。AXel Konrad RMXは原曲をclub仕様にハード目に手を加えた感じのRMXで良いです。ところでこの曲のPVですがまぁ見た感じ如何にもアイドルらしい学園もの風の作りで教室や町中でみんなで曲に併せて踊り出す面白いPVです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:2

 | HOME | 

Calender

12 | 2005/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。