ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.06.26.[ Sun ]

FANTASY PROJECT - FALL IN LOVE Vinyl

fp_03.jpg

italo side
1 C.Y.T. Piano Clubmix 3:41
2 Felipe Abel Remix 4:00
3 PrezerDj Remix 3:50

german side
1 DJ Delta Club Mix 6:23
2 Chirs Cute Vs. Libertia Remix 5:52

Fantasy Project (Andreas Steinberger & Hans Plöchl)の以前紹介したFall In Loveのオーストリア盤です。Felipe Abel RemixはFelipe AbelによるRMXでキラキラテクノポップよりのまったりとしたイタロダンスポップで非常に良いです。PrezerDj RemixはFrancesco TedescoによるRMXでイントロからGabry Ponteを彷彿とさせるバリバリのイタロビート炸裂のイタロダンスの王道を行くようなRMXで非常によいです。普通にイタリアのコンピアルバムに収録されていても違和感ないですね(笑)。それだけにこのRMXのExtendedも作って欲しかったですね。DJ Delta Club Mixは文句なしのDJ Delta節全開の切れ味鋭いタテノリシンセリフ炸裂のスピード感溢れるユーロトランスRMXで非常に良いです。特にブレイク後のピアノ連打が最高に良いです。あとDJ Deltaのどうでも良い小ネタで、以前紹介したIndietro - Il Destino (Re-Verse Remix)ではRe-VerseはIndietroの別名義扱いになってましたが実は、2002にCheck The Beatという曲でIndietro + DJ Deltaで結成されたProjectだったのです(笑)。Chirs Cute Vs. Libertia Remixはコンピアルバムでは非常に残念な形で収録されるRMXで以前紹介したIl Destino (Libertia Remix)で共作していたChris Cute (Chistoph Mitterlehner)とLibertia (DJ Delta)によるRMXです。今回のRMXは前回と違ってChirs Cute色の強いRMXになってます。ていうよりまんまメインのシンセリフがSpecial D. - Youと一緒です(爆)。若干テンポが遅めですがほぼ一緒です(笑)。まぁという分けでFall In Loveがイケイケジャーマントランスになってます。このChris Cute (Chistoph Mitterlehner)はUniversal Austria主催のリミックスコンテストで賞を取ってSuper Austria Vol. 6にCera - Open Your Eyes (Chris Cute Remix)でメジャーデビューしてます。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.25.[ Sat ]

LANCE INC. - COLD AS ICE

lance_inc_01.jpg

1 Single Version 3:40
2 Pulsedriver's Short Cut 3:32
3 Original Edit 3:28
4 DJ Andy Garcia Remix 6:46
5 Jordan & Baker Remix 5:34
6 Pulsedriver Remix 5:50
7 Original Version 5:46
8 Ole Van Dansk Remix 5:54
9 Piano Extended Live Mix 7:25

Lance Inc.の1stシングルです。まさにこのブログのタイトルに相応しいManiacなCDです(笑)。某ショップではForeigner - Cold As Iceのカバーだと書いてありますが、どっからどう聴いてもカバーに思えないのですが気のせいでしょうか?明らかに歌詞もメロディーも違うんですけど・・・まぁそんなことはほっといて肝心の曲の内容ですが、DJ Andy Garcia Remixはキャッチーでちょっと切ないメロディーにChris Lanceのハイトーンヴォイスがマッチして、ハデめのアップリフティングシンセで押しまくるノリノリでハードなユーロトランスRMXで非常によいです。DJ Andy Garcia RMXのくせにLance Inc.(Chris Lance、Werner Beck、Herbert Rendl)も絡んでるので実質DJ Andy Garcia Vs. Lance Inc. RMXです。因みにSigle VersionはこのRMXのEditです。よっぽどOriginal Mixより出来が良かったんでしょうね(笑)。恐らくトランスコンピアルバム等で良く聴くRMXはこのRMXじゃないでしょうか。Jordan & Baker RemixはBonito & Trooperの別名義です。イントロからピコピコしたスペイシーなテクノシンセ+キック強打で完全にJordan & Bakerの曲になっています(笑)。特にメインの縦ノリシンセリフなんかJordan & Baker - Explodeみたいです(笑)。だからといって悪い分けではないですよ(笑)。Pulsedriver RemixはPulsedriverらしいスペイシーでキラキラして跳ねるようなアップリフティングシンセが特徴的なキラキラユーロトランスRMXで非常に良いです。原曲のキャッチーなメロディーを上手く生かしています。Original Versionは収録されているRMXの中で一番爽やかで軽めのポップ路線のRMXでこれはこれで中々良いです。Ole Van Dansk Remixはある意味一番原曲を留めてないRMXでイントロから重めのキック&スペイシーで浮遊間のあるシンセリフで押しまくる実にOle Van Danskらしい明るいアップリフティングトランスRMXで非常によいです。何故ゆえこのRMXがボーナストラック扱いになるのか不思議です。Piano Extended Live Mixはボーナストラック扱いですが、収録RMXの中で出来はダントツです。何でこれがボーナストラック扱いなのか良く理解できないですね(笑)。基本的なシンセリフ等はほぼDJ Andy Garcia RMXですが、若干シンセリフのハデさが押さえられてピアノリフが効果的にイントロ・アウトロで入っており非常に良いです。因みにこのRMXはDJ Andy GarciaのHPではDJ Andy Garcia Piano RMXと紹介されてます。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.22.[ Wed ]

VARIOUS ARTISTS - RED HOT DANCE 2005

rhd.jpg

CD 1
01 Cascada - Every Time We Touch
02 Mario Lopez - Angel Eyes
03 Spring Break - Shut Up!
04 Fun Brothers - Summer Dreaming
05 Rimini Project - A Day In The Sun
06 Sunday - True
07 Diamond - Reason
08 Party Pimpz Feat. MC Miker 'G' & DJ Sven - Holiday Rap
09 Damae Feat. Londonbeat - I've Been Thinking About You
10 Sherrie Lea - No Ordinary Love
11 2 Small DJs - I Only Wanna Be With You
12 Love Touch - Stars
13 Anaconda - I Hear The Sound (Gavin & Nox Edit)
14 Mysterio - Fading Like A Flower
15 89ers - Kingston Town
16 Anjay - If You Dance

CD 2
01 The Usual Suspects Feat. Maia - The DJ (EXR Remix Edit)
02 Fantasy Project - Fall In Love (C.Y.T. Piano Remix)
03 Plaznatek Feat. United Beats - Por Que No 2005
04 DJ Lhasa - Heaven Is A Place On Earth
05 Baracuda - Ass Up!
06 Cera - Nothing's Gonna Change My Love
07 Luca Zeta - Star
08 Astrada - Just Another Day
09 Tooga Feat. Pit Bailay - Behind Blue Eyes
10 Nation Grooves - Walking In The Rain (PA Version)
11 Buldozer - Face The Base (Tune Up! Remix Eidt )
12 Mystral - Falling Star (Cherish Edit)
13 Jean moiree - Playa De Ibiza
14 Sandra Flyn - Brightness
15 The Shrink - Bit Staboi
16 Rellman & Moiree - Far Away (Pulsedriver Remix Edit)

BONUS CD Extended Club Version
01 Cascada - Everytime Me Touch (Club Mix) 5:32
02 Mario Lopez - Angel Eyes (Club Mix) 6:27
03 Spring Break - Shut Up! (Cascada Remix) 6:07
04 Fun Brothers - Summer Dreaming (Ray Knox Remix) 6:17
05 Rimini Project - A Day In The Sun (Extended Version) 5:26
06 Party Pimpz Feat. MC Miker 'G' & DJ Sven - Holiday Rap (Electro Mix) 5:10
07 Damae Feat. Londonbeat - I've Been Thinking About You (Michael Parsberg Remix) 6:19
08 2 Small DJs - I Only Wanna Be With You (Extended Mix) 5:21
09 The Usual Suspects Feat. Maia - The DJ (EXR Retuned Club Remix) 5:50
10 Baracuda - Ass Up! (Extended Version) 5:02
11 Luca Zeta - Star (Exteded Mix) 6:06
12 Astrada - Just Another Day (Club Mix) 5:22

相変らず収録内容が異常な(笑)トランスコンピアルバムです。毎回毎回適当な名前を付けるネーミングセンスがいかれてますが(笑)、どっかの国のCDとは違いExtendedを惜しげもなく収録しているのでそれ以外の仕事が適当でも許せます(笑)。Disc1、2はRadio Eidt収録なのでほっといてやはり注目すべきはDisc 3でしょう(笑)。まぁ半分くらいはCDSで持ってますがそれでもCD化されないようなレアな音源が満載です(笑)。Fun Brothers - Summer Dreaming (Ray Knox Remix)はStacccatoの別名義Fun Brothersの曲でStacccato vs. Blue Nature Mixじゃなくて何故かRay Knox Remixが収録されてます。しかもブックレットにはRey Konw Remixと間違って書いてあります(笑)。で、曲の内容ですがチャカポコしたキックと分厚めのイケイケシンセビートがマッチしたノリノリな女性Vocalトランスで非常によいです。Party Pimpz Feat. MC Miker 'G' & DJ Sven - Holiday Rap (Electro Mix)はMC Mikerのラップ入り今流行のノイジーでノリノリなハ・ウ・スです。悪くはないですが個人に気には未だにあまり好きにはなれないですね(笑)。Damae Feat. Londonbeat - I've Been Thinking About You (Michael Parsberg Remix)はFagmaのVocal Damaeのシングル収録曲で1991年のLondonbeat - I've Been Thinking About Youのカバーです。DamaeとLondonbeatのVocal本人かどうか分かりませんがそれっぽい声の人とのデュエットです。ちょっとまったりとしたバンピンシンセリフが特徴的な原曲の雰囲気を生かしたノリノリなトランスRMXで良いです。2 Small DJs - I Only Wanna Be With You (Extended Mix)は誰でも一度は聴いたことがあるくらい超有名なDusty Springfield - I Only Want To Be With Youのカバーです。が!しかし、そのカバーのしかたが・・・幾らは流行だからってこの曲までノイジーなハ・ウ・スにすることないじゃん!まぁ思ったほど悪くわないですが・・・この手のノイジーなシンセリフを聴く度に思うのが、色んなアーティストがこの音を出してますが正直ほ殆どどの音も一緒に聞えてしまいますね(笑)。The Usual Suspects Feat. Maia - The DJ (EXR Retuned Club Remix)は某コンピアルバム今更2ndアルバム収録曲のCascada MixがBPM150の悲惨な状態で収録される(笑)The Ususal Suspectsの最新曲です。RMXは以前紹介したCascada - Miracleのシンガポール盤でRMXをしていたErik EXR Reconstructionです。DJ Manianライクな哀愁漂うシンセリフが特徴的というかDJ Manianのパクリ(でも音はやすい)にしか聞えないRMXです(爆)。前回のRMXは結構しょぼかったですが、今回は意外とまともで前回より遙かに腕を上げています(笑)。Luca Zeta - Star (Exteded Mix)はLuca Zetaですから当然イ・タ・ロですよ(笑)。イントロからキラキライタロビート炸裂のほのぼのとしたメロディーが良い感じのノリノリなイタロダンスで非常に良いです。Astrada - Just Another Day (Club Mix)はAstradaがいつの間にか更にマイナーなBE52 Recordsに移籍してしまったためCDがリリースされそうもないなかCD音源としてFull収録される貴重な曲です。今回の曲も作詞作曲がSamplemeyer & Julian Coleです。なので前作同様激キャッチーな哀愁漂う切ないメロディーにふぉあんとしたシンセリフがマッチしたノリノリな女性VocalユーロトランスRMXで非常に良いです。因みにClub Mixになってますが音を聴く限り実質Watermoon RMXでしょうね(笑)その証拠にJust Another Day (Sir 'N' Ultraschall Remix)というお蔵入りになったVersionが存在しSubway #9の時と一緒でまったりとしたポップハウスRMXになってます。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.22.[ Wed ]

ASTRADA - SUBWAY #9

astrada_01.jpg

1 Watermoon Video Edit 3:23
2 Sir N DJ Original Radio Edit 2:52
3 Watermoon Remix 5:35
4 Sir N DJ Original Extended Version 5:40

Watermoon aka Samplemeyer (Jörn Meyer)とドイツのPioneer主催のDJ-Championship 2002で優勝したSir N-DJのProject"Astrada"の1stシングルです。この曲は作詞作曲がSamplemeyer & Julian Coleなので一応何かのカバーとかではなくオリジナルのようです。Watermoon Remixはキャッチーでちょっぴり切ないメロディーに女性Vocalが見事にマッチしたノリノリなキラキラトランスで非常に良いです。久し振りにこの曲を聴いて思ったんですが、今ではすっかりAstradaの音の特徴になった感のあるふぉあんとした感じのシンセリフはWatermoonの音だったんですね(笑)。Sir N Dj Original Extended Versionは曲のテンポをゆったりしてエレキギターなどを使ったまったりとしたロックポップハウスRMXで良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.22.[ Wed ]

LEONARD T & GLOW PRESENTS THE USUAL SUSPECTS - THE USUAL SUSPECTS

us_01.jpg

Disc 1:
01 I'll Dance Alone Feat. Satin 3:56
02 Black Man Ray 2:51
03 Provocative (You Lift Me Up) Feat. Satin 3:51
04 Come On Over 3:21
05 Just Because 3:27
06 Angel (The Christmas Song) Feat. Mario 3:18
07 The Day I Let You Go Feat. Alison 3:36
08 Is It Too Late 2:48
09 Tell Me Feat. Mario 3:27
10 Intimate Feelings 3:35
11 Just You 2:57
12 I'll Dance Alone (Short Memory Mix) 3:43
13 Come On Over (T-House Remix) 4:00

Dsic 2 For DJs
01 I'll Dance Alone (Original Extended) 6:16
02 Black Man Ray (Far East Club Mix) 5:42
03 Provocative (You Lift Me Up) (Rain Remix) 4:23
04 Provocative (You Lift Me Up) (Extended Club) 6:18
05 Come On Over (Cool Club Mix) 5:39
06 Just Because (My Way Club Mix) 6:17
07 Angel (Christmas Club Mix) 5:50
08 The Day I Let You Go (Rainy Days Club Mix) 7:01
09 Is It Too Late (Extended Club) 4:26
10 Intimate Feelings (Extended Club) 5:53
11 I'll Dance Alone (WJS Euro Club Mix) 6:00
12 I'll Dance Alone (Long Memory Mix) 5:20

シンガポールNo.1テクノバンド(2ndアルバムのキャッチコピー)のThe Usual Susoectsの1stアルバムです。Leonard T(ジャケット右)とGlow(ジャケット左)は1992年からシンガポールのクラブシーンで活躍していて95年に発表したアルバムは数々の賞を受賞してその後も活躍していた。その2人にWKEZ 91.3 FMやClubでDJとして活躍していたJason Chow(ジャケット中央)が出会いThe Usual Suspectsを結成したようです。因みに2ndアルバムからはメンバーにMaiaが加わって4人になってます。I'll Dance AloneはSatin aka Tracy TanをゲストVocalに迎えた中国風味のトランスポップで非常によいです。この曲はよっぽど気に入っているのかこのアルバムでの収録数がダントツです。さらに2ndアルバムでもI'll Dance Alone 2004としてセルフカバーしてますね(笑)。Black Man Rayは切ないメロディー&オリエンタルな雰囲気漂う琴の音色の様なシンセリフにフィルターを掛けたJanson ChowのVocalが見事にマッチした哀愁系Vocalトランスで非常によいです。Provocative (You Lift Me Up)この曲も1曲目同様ボーカルはSatinです。イケイケ全開のテクノシンセビート炸裂のユーロビートよりのノリノリテクノトランスで非常に良いです。 Come On OverはUsual Suspectsにしてはめずらしく中華風味がほとんど感じられないくらい疾走感溢れる切ないメロディーに乗せたシンセビートが特徴的なテクノトランスで非常によいです。VocalはJason Chowです。Just Becauseは中華風味のメロディーにトライバルテイストのキックが絶妙にマッチしたイントロから大爆笑必死のテクノポップハウスで非常によいです。この曲もVocalはJason Chowです。Angel (The Christmas Song)はゲストVocalにMario(男)を迎えた曲です。タイトルどおりクリスマスを連想させるほのぼのとしたちょっと懐かしい感じのメロディーが特徴的なテクノダンスポップで非常によいです。The Day I Let You GoはゲストVocalにAlison(女)を迎えた曲です。イントロのピアノリフがとても綺麗な90年代を彷彿とさせるテクノシンセリフ&キックが特徴的なイケイケテクノトランスで非常によいです。Is It Too LateはこれぞUsual Suspectsといった感じの元気いっぱいのノリノリシンセリフ炸裂(でも相変らず中華風味)のキラキラトランスで非常によいです。この曲もVocalはJason ChowですがバックVocalにLeonard Tが参加してます。Tell Meは6曲目でもVocalをしていたMarioがゲストVocal参加してます。この曲は他の曲とはかなり異質の曲です。それもそのはずこの曲だけ作詞作曲がMarioです。イントロからノリノリなスピード感溢れる爽やかで激キャッチーなツーステップの曲で非常によいです。Intimate Feelingsはイントロは怪しさ大爆発ですが、ブレイク後は一転して爽やか&キャッチーなメロディーのイケイケトランスで非常によいです。この曲もVocalはJason Chowです。Just Youは聴いた瞬間それと分かるちょっと間の抜けたシンセリフが特徴的な実にUsual Suspectsらしい曲で良いです。因みにこの曲はまともなVocalが入ってません(笑)。I'll Dance Alone (Short Memory Mix)は原曲よりダンスポップ色を強めたRMXで非常によいです。 Come On Over (T-House Remix)は原曲よりかなりゆったり目のノイジーなロックテイストのハウスRMXで良いです。Disc 2収録の曲はあえてExtendedと付けてないRMXもありますが良く聴くとDisc 1収録曲のExtended Vesionがほとんどです。Provocative (You Lift Me Up) (Rain Remix)はロックポップVersionです。I'll Dance Alone (WJS Euro Club Mix)はタイトルどおり原曲の中華風味を取り払ってClub仕様に仕上げたRMXです。これはこれで中々良いですよ。そしてアルバムのラストを飾るのは勿論この曲I'll Dance Alone (Long Memory Mix)です。よっぽど好きなんでしょうね(笑)。因みに、このRMXはDisc 1収録のI'll Dance Alone (Short Memory Mix)のExtended Versionです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.19.[ Sun ]

DJ RAMON ZERANO & MARC KORN - HEAR ME CRY Vinyl

marc_korn_03.jpg

A1 X Mix 5:31
A2 Mariuna Soft Mix 6:33
B1 Cosmic System Mix 5:18
B2 DJ Fortuna Remix 5:54

Marc KornがDJ Ramon Zeranoと共作で出した最初の曲です。因みにMarc Kornの最新曲SexはまたまたDJ Ramon Zeranoと組んでます。リミキサーとして予定されている名前の中に今大注目(?)の若手IC3M4N aka Sasha Ebertの名前が挙がってました。X Mixは相変わらずネタにしか聞えないくらいZiggy Xに激似なバキバキタテノリハードトランスRMXです(笑)。Mariuna Soft MixはSoft Mixと言ってるだけあって他のRMXより軟弱なへなちょこシンリフが微妙な出来の(笑)ハードなのかソフトなのかはっきりしないユーロトランスRMXです(笑)。Cosmic System MixはNightclubbersのRMXでも見せたクオリティーの高いパフォーマンスをこの曲のRMXでも見せてます。スピード感のあるイケイケシンセビート炸裂のノリノリなユーロトランスRMXで非常に良いです。DJ Fortuna Remixはちょっとノイジーで重めのシンセビートで攻めまくるハードトランスRMXで良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.18.[ Sat ]

MARC KORN & DJ E-MAXX PRESS. NIGHTCLUBBERS - LIVING THE LIFE Vinyl

nightclubbers_01.jpg

A1 Clubgroovers Remix 5:49
A2 Original Mix 6:08
B1 DJ E-Maxx Remix 5:52
B2 Cosmic System Remix 6:43

DJ E-MaxXとMarc KornのExit7コンビによるNightclubbers名義の新曲です。DJ E-MaxXはMarc Kornの初期の作品でプロデュースに絡んでたので名義が違うだけでメンツ的にはいつもと同じですね(笑)。しかもRMXのメンツまで相変わらずオーストリア人ばかりです(笑)。Clubgroovers RemixはS.A.D.の別名義です。基本的にはいつものS.A.D.らしい洗練されたイケイケイシンセビートが炸裂しまくっているユーロトランスRMXで非常によいです。個人的には原曲よりこちらのRMXの方が好きですね。Original Mixはイントロからキック強打のハードに攻めまくってるんですが、時折はいる気の抜けた何とも間抜けなアホアホシンリフが意外と面白いハードトランスRMXで良いです。DJ E-MaxX RemixはOriginal MixからMarc Korn抜いてAlex WyhnalekだけのRMXになったせいかいつものE-MaxXらしいキック強打+イケイケタテノリシンセビート炸裂のイケイケハードトランスRMXで非常によいです。Cosmic System RemixはMarc Korn - Sing My Song!でRMXしてたChris NoizeとMalte SchwarzによるRMXです。メインの段階的に盛り上がっていくアッパーシンセリフが特徴的な全体的にちょっとノイジーなアッパーハードトランスRMXで非常によいです。DJ Roberto K - You & Me (Cosmic System Remix)の時はかなり印象が薄かったですが、今回のRMXはかなり出来はよいです。可哀想なことにこの曲は原曲を別の曲に仕立て上げるのが売りな某コンピアルバムの最新作にこの曲が収録されるようです。不幸中の幸かBPM145の2枚目収録との事なのでまだマシですが、それこそ1枚目のBPM150の方なんかに収録されては目も当てられないですよ(爆)。真面目は話、何も知らない人がアルバムに収録されているBPMの状態で聴いたら、あぁそんな曲なんだぁと本当の曲の良さを知らないまま間違った状態で認識してしまいますからね。やっぱり良くないことだと思いますけどね!
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.16.[ Thu ]

MISS DISTESS X MEETS PRO-GRESS - HOUSE OF PAIN Vinyl

miss_d_x_01.jpg

A Club Mix
B1 Ziggy X Remix
B2 Original 1995 Clubmix

Miss Distess X aka Stefanie Allgeierのこの曲は1995年のPro Gress - House of Painのカバーです。いつものごとくProducerはOliver Klitzingです。トライバルテイストのキックにノリノリアップリフティングシンセが見事にマッチしたアッパーハードトランスで非常によいです。Ziggy X Remixは相変わらずのバキバキタテノリシンセリフ炸裂のハードトランスRMXで非常によいです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.15.[ Wed ]

MARC MARIS VS. RAMONE - REMEMBER

MM_R_01.jpg

1 Video Cut 3:28
2 Single Mix 3:17
3 Extended Mix 5:41
4 Club Mix 6:10
5 Alex Cole RMX 6:07

↓で紹介したAlex Coleの曲を作っていたMarc Maris Vs. Ramone aka Frank Knevel、Fritz Leidigの曲です。切ないメロディーに載せた哀愁漂うキラキラシンセリフに女性Vocalが見事にマッチしたこれぞ哀愁系トランスとでも言うべきできで非常によいです。特にサビのピアノリフが鳥肌ものです。Club Mixはピアノリフを一切排除したキック強打のハードなビートで攻めまくるスペイシーなハードトランスRMXで良いです。Alex Cole RMXは原曲のメロディーを生かしたイケイケアッパーシンセリフで攻めまくるノリノリなジャーマントランスRMXで非常に良いです。正直この曲のインパクトが強いとAlex Coleの曲をとても同じ人たちが作ったとは思えないです(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.15.[ Wed ]

ALEX COLE - ROCK THIS CLUB/GIVE ME MORE Vinyl

alex_cole_01.jpg

A Rock This Club (Ramone Mix) 5:12
AA Give Me More 6:11

Alex Coleの1stシングルはなんとMarc Maris Vs. Ramone (Frank Knebel, Fritz Leidig)が両曲とも作詞作曲に絡んでます。そういえばMarc Maris vs. RamoneとはかれらのRememberという曲でAlex ColeがRMXしてましたからそのつながりで楽曲の提供を受けたんでしょうかね?Rock This Club (Ramone Mix)は作詞作曲Frank Knebel, Fritz LeidigでRMXがRamone aka Fritz LeidigなのでまんまMarc Maris Vs. Ramoneの曲です(爆)。なのでわざわざAlex Coleの曲としてリリースしている意味がサッパリ分からないです(笑)。しかしよくよく聴くとMarc Maris Vs. Ramoneは哀愁漂うシンセリフが売りなはずなのに、この曲は180度違った作風でイントロからアホアホシンセビート炸裂しまくりの女性Vocalのアッパートランスになってます(笑)。Marc Maris Vs. Ramoneの作曲作詞にいつも加わっているAndre Schwab & Alex Hanelが入ってないからなのかMarc Maris Vs. Ramoneを想像してこの曲を聴くとかなりぶっ飛びますよ(笑)。Give Me Moreこちらの曲も作曲作詞はFrank Knebel, Fritz Leidig+Claudia Haufです。Rock This Club (Ramone Mix)に負けず劣らずバンピンなアホアホ脳天気シンセ炸裂で男性Vocalとの絡みもばっちりなアッパートランスで非常によいです(笑)。あと、どうでもいいですが某レコードショップにBalloon Recordsの事をドイツのレコード会社って思いっきり説明書きに書いてありましたが、たしかあのレコード会社ってオーストリアのはずでは(爆)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.14.[ Tue ]

DEEJHY E-MAXX - HARDCORE BEATS Vinyl

dj_e-maxx_01.jpg

A Main Mix
B Indurro Vs. Chris Da House Remix

DJ E-MaxX aka Alex Wyhnalekの2004年リリースのこの曲はイントロから口笛&アホアホシンセビートにちょっと間抜けなMCが絶妙(笑)にマッチした実に馬鹿馬鹿しいアッパーハードトランスで非常によいです。でもE-MaxXってこんな作風だったっけ?あと、良く聴くとキックの打方がGabry Ponteそっくりです(笑)。Indurro Vs. Chris Da House RemixはIndurro DJ TeamのメンバーからDJ 4 Speedを抜いただけです。そういえばChris Da Houseは単独でRMXやってるのってあんまり見かけませんね。このRMXは原曲のお馬鹿さに更に輪を掛けたようなイントロからRob Maythなみにアホアホバンピンアッパーシンセ炸裂なハードトランスRMXで非常によいです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.14.[ Tue ]

ROCCO - TRAVELLER E.P.

rocco_01.jpg

1 I Don't Know (Tune Up! Edit) 3:46
2 I Don't Know (Single Mix) 3:14
3 Breath Of Life (Single Mix) 3:18
4 Counting The Days (Single Mix) 3:08
5 I Don't Know (Tune Up! Mix) 5:48
6 I Don't Know (Club Mix) 5:11
7 Breath Of Life (ClubMix) 6:10
8 Counting The Days (Club Mix) 5:31

I Don't Know (Club Mix)はBlack Box - I Don't Know Anybody Elseのトランスカバーでバンピンでノリノリなシンセリフ&ピアノリフが特徴的なジャーマントランスで非常に良いです。I Don't Know (Tune Up! Mix)はClub Mixより切れ味鋭いTune Up!らしいキック&シンセリフで押しまくる聴いた瞬間それと分かるClub MixよりハードなジャーマントランスRMXで非常によいです。Breath Of Life (ClubMix)はカバーかオリジナルかはよく分かりませんがいつものへなちょこシンセビートが響きまくる一番いつものRoccoらしい曲で非常によいです。Counting The Days (Club Mix)はどっかで聴いたことあるメロディーだなぁと思い、よくよく調べてみると元ネタはAvril Lavigne - Sk8er Boiでした。どおりで聴いたことがあるメロディーのはずです。メインの哀愁漂うアップリフティングシンセが何とも言えず良い感じのジャーマントランスで非常によいです。因みにこの曲女性VocalでSk8er Boiとは別の歌詞で歌入りです。個人的にはこっちの曲をメインにして欲しかったですね。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.13.[ Mon ]

MYSTERIO - FADING LIKE A FLOWER

mysterio_02.jpg

1 Video Edit 3:19
2 Radio Trance Edit 3:50
3 Original Club Mix 6:18
4 Extended Trance Version 6:20
5 East Rockerz Remix 6:45
6 Exit7 Remix 6:04

オーストリアの人気ダンスグループMysterioの2ndシングルです。スウェーデンの人気デュオRoxetteが90年代にヒットさせたロックバラードFading Like A Flowerのトランスカバーです。原曲の綺麗なメロディーを生かしたノリノリで元気いっぱいのいつものMysterioらしいポップトランスで良いですが、曲の間奏部分がVideo Editを無理矢理なんとか延ばしたような感じがしたのがちょっと残念なとこです。あとさびのピアノが非常によいです。Extended Trance VersionはOriginal Club Mixでも十分トランスなのに何を今更と思って聴いてみたのですが、Original Club Mixの音より純粋にトランスになってます。下手な小細工は使わない全体的に重めの渋いビートで押しまくるトランス直球勝負みたいな感じのRMXで良いです。East Rockerz Remixは初め聴いたときはあまり気にしていなかったのですがよくよくクレジットを見るとEast ClubbersのJanardanaの名前があるじゃないですか!East RckerzはそのJanardanaとGroovemikeの共作です。しかも、よくよく聴いてみると所々にJanardanaテイストを感じさせる音がちらほらと聞き取れます。このRMXは原曲の明るさがいいみで吹っ飛んでしまっているキック強打の哀愁系ハードトランスRMXで非常によいです。Janardanaが絡んでるだけあってシンセビートにも若干癖があります。East Rockerzの名義の由来ってまさかJanardanaがいるからEastって付けたんじゃないですよね(笑)。Exit7 RemixはExit7 Music ProductionsのAlexander WyhnalekことDJ E-MaxxによるRMXです。DJ E-MaxxはMysterioが所属するSilverstation Music ProductionsのDJ Teamの一員でもあるのでそのつながりでRMXをやってると思われます。このRMXもイントロからキック強打のハード路線ですが、サビの部分の展開がちょっと間が抜けてる感じがして面白いRMXで良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.09.[ Thu ]

MARC KORN - SING MY SONG!

marc_korn_02.jpg

1 Sing My Song (Radio Mix) 3:39
2 Sing My Song (Indietro Radio Edit) 3:56
3 Sing My Song (DJ Blue Thunder Vs. Indurro Remix) 6:26
4 Sing My Song (Original Club Mix) 5:05
5 Sing My Song (Indietro Club Remix) 6:08
6 Golden Blue Eyes (Danza Team Meets Chris Noize RMX) 3:34
7 Tears In My Eyes (Radio Version) 2:42

↓で紹介したTears In My Eyesがオマケで入っている2004リリースのシングルです。Sing My Song (Original Club Mix)は一瞬89erか?と思うくらいそっくりなびよんびよんと跳ねるよなアホアホシンセビートがイントロから炸裂しまくりの脳天気なアッパートランスで非常によいです。コロ助ボイスのVocalがアホアホ度を更にアップさせていて良いです(笑)。Sing My Song (Indietro Club Remix)は聴いた瞬間それと分かるくらいイントロから怪しさ大爆発のGabry PonteやGigi D'Agostinoを師匠と崇めるIndietroらしいノイジーでノリノリなイタロダンスRMXで非常によいです。完全にIndietroの曲と化しています(笑)。Sing My Song (DJ Blue Thunder Vs. Indurro Remix)はDJ Blue Thunder aka Renè WinkleとIndurro aka Gregor Urlの共作RMXです。原曲のアホアホな音が良い意味でほぼ無くなったイケイケアッパートランスで非常によいです。Golden Blue Eyes (Danza Team Meets Chris Noize RMX)は以前紹介したDJ The Bassとの共作でだしたシングのNew RMXでDanza Team aka DJ Tornado & Chris NoizeによるRMXです。哀愁漂う切ないシンセビートが特徴的なユーロトランスRMXで非常によいです。それだけにこの収録内容は・・・因みにChris Noizは以前紹介したDJ Roverto K - You & MeでRMXしていたCosmic Systemのメンバーの1人です。Tears In My Eyes (Radio Version)はセルフリメイク盤を聴いた後だと肩すかしを食らうような音です。まぁ全体的に悪くは無いですが無難な哀愁系ユーロトランスです。この何の特徴もない曲をよくまぁあそこまで仕上げたものだと改めて感心してしまいました。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.08.[ Wed ]

DJ RAMON ZERANO & MARC KORN - TEARS IN MY EYES Vinyl

marc_korn_01.jpg

A X Mix 6:17
B Steve Twain Vs. Marc Korn Mix 7:12

この曲は2004年リリースのMarc KornのSing My Song!にカップリング曲としてひっそりと収録されていた曲のセルフリメイクです。ですから作詞作曲は勿論Marc Korn aka Markus Kornschoberです。カップリングに収録されていたときとはVocalが変わっています。X Mixはこれは正直聴いた瞬間ここまでZiggy Xの音をパクッテもいいのか!と思うくらい激似で本人から苦情が来ても良さそうなくらいですよ(笑)。と言う分けで音はイントロからバキバキのハードなタテノリシンセビートにキック強打の哀愁系ハードトランスRMXで非常によいです。Steve Twain Vs. Marc Korn MixはMysterioの表のメンバーSteve TwainとMarc Kornによる共作RMXです。哀愁漂うメロディーに切ないシンセビートが見事にマッチした哀愁系ユーロトランスで非常によいです。Marc KornとMysterioの音が上手い具合にマッチしてます。DJ Ramon Zeranoはいったい何をしているのかよく分かりませんがこの人Marc KornのCDのクレジットに良く載ってます。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.08.[ Wed ]

SPRING BREAK - SHUT UP! Vinyl

spring_break_02.jpg

A1 Club Mix 5:42
A2 Radio Version 3:17
B1 Cascada Remix 6:09
B2 Pop Version 3:02

某有名レコードショップや某有名オークションではユニットの構成メンバーがことごとく間違った状態で紹介されて可哀想なSpring Breakの新曲の作詞作曲はいつもの三人(Axel Konrad,Manuel Reuter,Verena Rehm) + Manuel Schleisです。今回の曲はManianと良くユニットを組んでいるManuel Schleisが加わっていますが、曲の方は相変らず前作同様激キャッチーなメロディーに乗せたVocalトランスで非常によいです。Club Mixは前作同様Spring Break(Axel Konrad & Manuel Reuter)によるRMXでManianとAxelの良い部分が上手く混ざった感じの切れ味鋭いイケイケシンセビートが良い感じのハードなジャーマントランスRMXで非常に良いです。Radio VersionはAxel Konrad担当でどっからどう聴いてもMandaryna - Here I Go Againのシンセビートに激似(爆)でイケイケなAxelらしいシンセビートが特徴的なジャーマントランスRMXで非常によいです。個人的にはこのRMXのExtendedも聴いてみたかったですね。Cascada Remixは聴いた瞬間それと分かるいつものCascadaらしいキラキラトランスRMXで良いです。Pop Versionは普通にロックポップしたVersionで悪くないですよ。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.08.[ Wed ]

TESS - BREATHLESS

tess_02.jpg

1 Silverroom Radio 3:12
2 2N Radio 3:12
3 Silverroom Extended 4:50
4 Vasco & Millboy Remix 6:24
5 Silverroom Remix 4:59

Tessの新曲は作詞作曲は前作と別の人ですが、メインのRMXはSilverroom aka Martin Hanzen & Jimmy Thornfeldtですから当然イントロはほぼ一緒(爆)。しかし今回の曲も哀愁漂う綺麗なメロディーにTessのVocalが見事にマッチしたSilverroomらしいパンチの効いたイケイケユーロトランスでかなり良いです。前作Second You SleepがTop 10入りできなかったのに比べ今作は見事Top 10入りを果たしてます。2N RadioはDJ Sammyを彷彿とさせる爽やかでキャッチーなRock PopテイストのダンスポップRMXで非常によいです。Vasco & Millboy RemixはJorge Vasconcelo & Juha MyllyläによるRMXでこの2人について色々と調べてみたところ、この2人はSwedenで結構有名で95年のDr. Alban - This Time I'm Freeで活動を始めてから色んな人のRMXやプロデュースをやっているようです。Tessの2001年にリリースされたAlbumではStay,Crazyの2曲で参加しています。あとは、CDシングルには収録されませんでしたがDa BuzzのTonight、DangerousのRMXもやっていて特にTonightがかなり出来が良かっただけにシングル未収録なのが残念な限です。で、肝心の曲の内容ですがこちらのRMXもSilberroom Extendedに負けず劣らず良いです。Silberroom Extendedに比べ若干パンチ力に欠けますが、スペーシーでシャープなキラキラシンセビートとトライバルテイストのキックが見事にマッチしてSilberroom Extendedよりスッキリとまとめた感じのユーロトランスRMXで非常に良いです。 Silverroom Remixは今流行のノイジーなハウスRMXです。 Read more ≫
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:0

2005.06.07.[ Tue ]

EAST CLUBBERS - MORE! MORE! MORE! Vinyl

east_clubbers_02.jpg

A1 Gambas Club Mix
A2 Original Mix
B1 DJ Andy Garcia Mix
B2 Astrada Mix

East Clubbersのドイツ初進出曲です。East Clubbersとしては初進出ですがJanardanaとKate Lesingにとってはリベンジになるんでしょうかね?という分けでJanardanaがドイツ復帰作としてめでたく選んだ曲は何と!かつてヨーロッパのClubでヒットさせたEqual In Loveに歌詞を付けただけの手抜きでした(爆)。VocalはTrinity時代から変わらずKate Lesingです。しかも、何故歌詞が付いただけでEqual In LoveがMore! More! More!に変わるのか意味不明です(笑)。で、肝心の曲の内容ですがOriginal MixはまんまEqual In Loveです。分厚いシンセ+重めのキックで攻めまくるスピード感溢れるEast Clubbersらしい独特のノリなハードトランスで非常に良いです。Gambas Club MixはEast Clubbers独特の濃くてあくの強いシンセビートが薄まってあか抜けた感じのRMXで展開のしかたなど原曲と殆ど一緒のRMXで良いです。DJ Andy Garcia Mixは全く別の曲に近いくらいメロディーラインなどが原曲を留めてないくらいAndy Garcia色の強いタテノリシンセビートが響きまくるユーロトランスRMXで良いです。Astrada MixはAstradaらしいホワンホワンした浮遊間のあるシンセビートが特徴的なちょっと間の抜けたユーロトランスRMXで面白くて良いです。あとどうでも良いですが近くの某有名レコードショップにてEast Clubbersについて聞き込み調査を行ったところ店員の反応はお寒いものでした(爆)。ここが変だよ!日本のレコードショップ!(爆)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント(-)

 | HOME | 

Calender

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。