ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.12.31.[ Sat ]

DYNAMINT - 7



01 7 3:38
02 Viirus 3:56
03 Meil On Vaid öö 4:04
04 Tormitüdrukud 3:26
05 Veel Ja Veel 3:22
06 Nyyd ma Siis Tean 3:03
07 Kaunis Maailm 3:02
08 Tee Nii Tee 3:27
09 Unusta Mind 3:23
10 Imedemaa 3:39
11 Maailm Kahele 3:52
12 Tulen Sinuga (Supersonic Remix) 3:51
13 Veel Ja Veel (Device Remix) 4:35
14 Sinule Kallis (Feat. Kemo) 3:49
15 Klubi Paradiis (Video)

エストニアで大人気?のアイドルグループ、ダイナミントの2ndアルバムです。1st同様期待を裏切らない良い出来です。それもそのはず今回のアルバムの曲もほぼ全ての曲が1stアルバム同様Madis Ligi、Fred Sonne、Jovel(作詞)によるものです。メンバーはジャケット左(Mari-Liis Aasmäe)と右(Taisi Pettai)の2人組みです。あいかわらずですがどう見ても10代には到底見えません(笑)。7はアルバムのタイトル曲でそれにふさわしい1曲目のからノリノリ全開のDynamintらしいユーロダンスで非常に良いです。Viirus はヨーロッパのアイドルらしいキャッチーなメロディーの曲をキラキラノリノリシンセビートでスピード感あふれるポップテクノトランスに仕上げていて非常に良いです。Meil On Vaid ööはDaniel Sentacruz Ensenble - Soleado(哀しみのソレアード)のカバーです。最近の流行の音を意識したちょっとノイジーなシンセビートのポップハウスに仕上げてあって良いです。特に間奏部のギターリフが爽やかで良いです。TormitüdrukudはCreamyの1stアルバムの曲に入ってそうな北欧らしいメロディーの曲を爽やかなユーロトランスに仕上げてあり非常に良いです。Veel Ja Veelはメロディーの綺麗なピアノバラードで非常に良いです。Nyyd ma Siis TeanはこれぞDynamintと言うべき激キャッチーなメロディーにノリノリ全開のスピード感あふれるポップユーロトランスで非常に良いです。Kaunis Maailmはちょっと哀愁漂うメロディーの曲を軽めのユーロダンスポップに仕上げてあり良いです。Tee Nii Teeはヨーロッパのアイドルグループには定番なのかレゲエ調のほのぼのとしたまったりダンスポップで良いです。Unusta Mindはイントロからピアノの音色が綺麗でキャッチーなメロディーのポップ色の強いアイドルらしいダンスポップで非常に良いです。Imedemaaはいかにもエストニアらしいキャッチーでほのぼのとしたメロディーの爽やかなユーロトランスポップで非常に良いです。Maailm Kaheleは全体的に爽やかですがちょっと変わったメロディーのピコピコしたテクノ色の強いテクノダンスポップで面白くて良いです。Tulen Sinuga (Supersonic Remix)は1stアルバム収録のTulen SinugaをCaaterでおなじみのSupersonicによるRMXです。しかもTulen Sinugaは元々Caaterの曲に似た感じの曲だったのでSupersonicとの相性も抜群です。因みにこの曲の作曲プロデュースをやってるLauri Laagusはエストニアでは結構有名なコンポーサーのようでスタイルはPopだそうです。1stアルバムをよくよく見てみたら2,6,9,10曲目のプロデュースもMadis Ligiと共同でやっていて3曲目に至ってはCaaterの曲を良く書いてるSven Lohmusと共同でプロデュースしてました。こうやって見直してみるとDynamintは1stアルバムはエストニアの大物売れっ子プロデューサーを起用した強力ラインナップだったんですね~(笑)。Veel Ja Veel (Device Remix)は1stアルバムでもTrancemasterシリーズに収録されてもよさそうなアイドルのアルバムに収録されてるRMXとは思えないくらい気合の入ったRMXをやってくれたDeviceがまたまたやってくれましたよ!綺麗なバラードだったVeel Ja Veelがいい意味で跡形もずっしりとした重厚感のあるスペーシーなシンセビートで攻めまくるキラキラエピックトランスに仕上がってますよ。文句なしの出来です、本当なぜアイドルグループのアルバムにおまけレベル収録されているのか理解不能です(笑)。Sinule Kallis (Feat. Kemo)はラッパーのKemoとコラボレートしたラップの曲です。後どうでもいいですが、今回のアルバムにもオペルの車の宣伝タイアップがついてました(笑)。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroIdol|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.12.29.[ Thu ]

VERONA - JEN TOBĚ



01 Je To Boj 3:26
02 Jen Tobě 3:22
03 Hra 3:13
04 Den Co Den 3:22
05 Na Tebe Sázím 3:06
06 Kontakt 4:10
07 Myšlenky 3:48
08 Universum 3:29
09 Jak Málo Zmůžem 3:40
10 Trance In The City 4:10
11 Jen tobě (East Rockers RMX) 4:23
12 Life is fun (Extended Version) 4:24

以前紹介したVerona(Peter Fider & Markéta Jakšlová)のチェコで今年発売されたチェコ語で歌っているアルバムです。Je To Bojは89ersか?ってくらいビヨンビヨンとはねるシンセビートが特徴的でいかにも中東欧らしいメロディーの曲と妙にマッチしたユーロビートよりの曲で非常に良いです。Peter Fiderがチェコ語でシャウトしまくりです(笑)。Jen Toběはちょっと切ないメロディーにスピード感あふれる非常に爽やかなシンセビートまっちした初期のTMNを彷彿とさせるテクノトランスポップで非常に良いです。個人的にはExtendedも収録して欲しかったです。Hraはちょっと暗めのメロディーに乗せたスピーディーでハード目のトランスで良いです。Den Co Denはポルカ風のほのぼのとしたトランスポップで非常に良いです。Na Tebe Sázímは一転してシリアスな雰囲気のスピーディーなちょっと暗めのテクノトランスで良いです。Kontaktは今流行のノイジーな破裂音のシンセを取り入れたハウス系のトラック物です。Myšlenkyはのまったりとしたアンビエント系の曲です。Universumはサイケよりのトラック物です。Jak Málo ZmůžemはR&B系のリズムに乗せたトランスポップでちょっと不思議な感じですが良いです。Trance In The Cityはトラック物でスピード感あふれるイケイケ全開のエピックトランスで非常に良いです。Jen tobě (East Rockers RMX)は2曲目のEast Rockers(Janardana & Groovemike)によるRMXです。イントロからスピード感あふれるキラキラ爽やかシンセ炸裂のエピックトランスRMXで原曲の原型を留めていませんが非常に良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.12.29.[ Thu ]

CASCADA - HOW DO YOU DO



1 Original Radio Edit 3:16
2 Pop Airplay Edit 2:51
3 Album Version 3:29
4 Original Club Mix 5:05
5 Rob Mayth Remix 5:31
6 Megara vs. DJ Lee Remix 7:05
7 Tune Up ! Remix 5:30
8 Veranos Fizzy Styled Remix 6:00
9 ExR Reconstruction 5:57


今更ながらCascadaの新曲です。Roxetteのカバーのようです。うーん悪くは無いですが・・いい加減オリジナルの新曲をだしてほしいもんですね。曲は良くも悪くもManian & Yanouらしい音です。Pop Airplay EdithはPop Rockヴァージョンでただ普通にカバーしただけみたいになってます。Rob Mayth Remixは何故かドイツ盤ではEdit収録でしたがこのCDではFull収録。原曲よりはじけまくったRMXです。まぁいつものRob Maythらしい脳天気でお馬鹿な音で良いです。ていうかRob MaythがRMXしてる曲は全部この音になるんですけどね(笑)。Megara vs. DJ Lee Remix は良い意味で前の2つのアゲアゲRMXとは違い、いつもの彼ららしい壮大な感じのスペイシーなRMXに仕上げてあって良いです。Tune Up! RMXは正直Original Club Mixをハードにした感じでほとんど一緒です。わざわざ別名義にする意味が・・(笑)。Veranos Fizzy Styled RemixはVerano(Marco Juliano Stork,Stefan Rio Richly,Dennis Nicholls)によるRMXです。このRMXもRob Myth RMX同様お馬鹿度大爆発の脳天気でバンピンなシンセビート炸裂のRMXで良いです。ExR Reconstructionこの名前を見てすぐに分かった人は相当のThe Usual Supectsマニアです(爆)。ExR Reconstruction aka Erik EXRによるRMXです。The Ususal Suspects御用達のRMXでおなじみでCascadaのMiracleの某国盤でもRMXしてました。いつものEXRらしいキック強打+哀愁漂うシンセリフがまっちしたRMXで良いです。まぁEXRですので全体的に安めの音ですが(爆)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:0

 | HOME | 

Calender

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。