ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2006.05.11.[ Thu ]

THE LOST BROTHERS FEAT. G TOM MAC - CRY LITTLE SISTER (I NEED U NOW)



1 Cry Little Sister (I Need U Now) (Edit) 2:44
2 U Don't Know Me 8:10
3 Cry Little Sister (I Need U Now) (Club Mix) 8:19
4 Cry Little Sister (I Need U Now) (Video)

80年代のカルト映画The Lost Boysのテーマ曲が元ネタのようです。実にUKトランスらしいキラキラ爽やかシンセにG Tom Macのシャウトに近いハイトーンボイスが見事にマッチした爽やかなユーロトランスになっていて非常に良いです。80年代のなんとも懐かしいメロディーが見事にトランスになっていて非常に良いです。U Don't Know Meはオリジナルの曲のようで、イントロからトライバル系のキックが炸裂してますがシンセはSFテクノ系のいかにもな音で良いですよ(笑)。因みにボーカルはKieron McTernanです。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.11.[ Thu ]

DJs@Work - PAST WAS YESTERDAY!



1 Radio Mix 3:32
2 Full Vocal Ambient Edit 3:45
3 Extended Mix 5:47
4 Club Mix 7:33

こちらも今ではすっかりダメダメなDJs@Workのまともだった頃(後半)にリリースされた曲です。Ole Van Danskが抜けて2人なったDJs@Workですが、この頃はまともな曲をリリースしてました(笑)。キック強打のDJs@Workらしいイケイケシンセビートと哀愁漂う切ないメロディーとうまくマッチした哀愁系ハードトランスで非常に良いです。ExtendedとClub Mixの音は基本的には大差なくExtendedがメロディー重視で、Club Mixの方がClub向けにハードになってる感じですね。Full Vocal Ambient EditはこのMixだけボーカルがフルで入っている貴重なバラードMixで哀愁漂う切ないメロディーがなんともいえない出来で非常によいです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.11.[ Thu ]

JAN WAYNE MEETS DANIELLE - 1,2,3 (KEEP THE SPIRIT ALIVE)



1 Single Edit 3:36
2 Club Mix 6:33
3 Special D. Remix 6:45
4 Dub Mix 6:34
5 Drunkenmunkey Remix 6:19

今ではすっかりダメダメに成り下がったJan Wayneがまともな曲をリリースしてた頃の曲です。お気楽能天気なノリノリシンセ炸裂のイケイケジャーマントランスで非常に良いです。能天気なシンセにDanielleのボーカルと煽りMCが見事にマッチしてこれからの季節にぴったりのアホさ加減です(笑)。Special D. RemixはイントロからSpecial D.らしいアホさ炸裂のシンセビートに音程いじったボーカルがマッチしてらしいRMXで良いですよ(笑)。元の曲がアホな曲だったせいかいつもよりアホさ控えめです(笑)。Drunkenmunkey Remixは最初から最後までノイジーなマイナーコードシンセで攻めまくりのハードなRMXになっていて良いです。トライバルチックなキックがアクセントになっています。Dub MixはClub Mixのボーカルなしバージョンです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.10.[ Wed ]

ORKIDEA - BEAUTIFUL



01 Alt + F4 Radio Edit 3:25
02 Alt + F4 Remix 7:50
03 Original Radio Edit 3:54
04 Original 7:36
05 Sundawner's Tribal Remix 9:16
06 DJ Tab Remix 7:14
07 Faraway Project Remix 8:19
08 Alt + F4 Instrumental 7:50
09 Syna Remix 8:56
10 Ambient Mix 4:55

Orkidea aka Tapio Hakanenによるこの曲はさすがFinland産ですよ!と叫びたくなるくらい良い曲で、どのRMXも文句なしの出来です。Origianlは結構まったりとしていて、どこか別の世界に迷い込んだようなアンビエント系のキラキラテクノトランスで非常によいです。このなんともいえないまったり感が病み付きになりそうです(笑)。Alt + F4 Remixは原曲よりテンポアップした空間系のキラキラシンセビートがなんとも心地良く、この曲のタイトルに相応しい美しいキラキラユーロテクノトランスに仕上げていて非常によいです。何度聴いても癒されます。Sundawner's Tribal Remixは原曲のまったり感&幻想的な雰囲気をさらに濃くした感じのトライバルテクノハウスRMXで良いです。DJ Tab Remixはキックのリズムが独特の雰囲気を醸し出している原曲よりテンポ早めで渋めのテクノトランスRMXで非常によいです。Faraway Project Remixは原曲のまったり感&幻想的な雰囲気はそのままでテクノ色を強めたRMXになっていて原曲よりさらに別世界に飛ばされた感じのする幻想的なRMXで非常に良いです。Syna Remixは原曲のまったり感はそのままで、イントロからソリッド感のあるテクノシンセとストリング系のシンセが絶妙に混ざり合って、ブレイクで入ってくるピアノアルペジオがまた良い具合にアクセントになっているチルアウト系のソリッドテクノトランスで非常に良いです。これまた何度聴いても癒されます。Ambient Mixは完全にチルアウトRMXです。元々幻想的な曲なのに何故今更Ambientといっているのか良く分かりませんがとりあえず最後に飾るに相応しいRMXです。あと、どうでもいいのですが何でジャケットの絵が某漫画のパクリっぽい女神?のアニメ絵でしかも!「美しい」って日本語で書いてあるんだ~!ヨーロッパのDJはアニメオタクが多いんでしょうかね(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.05.[ Fri ]

CASCADA - EVERYTIME WE TOUCH



01 Everytime We Touch 3:17
02 Ready For Love 3:23
03 Miracle 3:38
04 How Do You Do 3:16
05 Can't Stop The Rain 3:28
06 Truly Madly Deeply 4:12
07 Wouldn't It Be Good 3:27
08 Bad Boy 3:12
09 Another You 3:37
10 A Neverending Dream 3:22
11 Love Again 3:27
12 Kids In America 3:00
13 One More Night 3:42
14 Everytime We Touch (Yanou's Candlelight Mix) 3:16
15 Everytime We Touch (Club Mix) 5:31
16 How Do You Do (Original Mix) 5:04
17 A Neverending Dream (Club Mix) 4:56
18 A Neverending Dream (Deepforces Remix) 6:07
19 A Neverending Dream (The Real Booty Babes Remix) 5:58

ビルボートチャートの上位にランクインされてアメリカ・日本受けを意識したのか、それともマニアンの単なる手抜きかは分かりませんがCASCADAが終わったことを証明する一枚になりそうなアルバムです。いやー何もそこまでしなくてくもってくらいカバー曲ばかりです(爆)。いくらカバー曲の方が受けがいいからってこりゃねーだろってくらい選曲もまた微妙。サベガのTruly Madly Deeplyを持ってきたのは日本受けを狙ってか?でも客層が違うか(笑)。アルバム収録新曲でオリジナル曲なのが5曲だけってのはどうなんでしょうね(笑)。9曲目のAnother Youですが、オランダ人歌手Doのバラードに似てるなぁと思っていましたが、それもそのはずこのアルバムのバラードMix担当はYanouで、DoのプロデュースはYanou、そりゃ似るはずですよ(笑)。それとDoつながりかどうかは分かりませんが5曲目のCan't Stop The Rainの共同作曲者の名前にAllan Eshuijsの名前が!確かこの人もDoのアルバムで曲書いてましたよ(笑)。なんといっても一番このアルバムで笑えたのは12曲目のKim Wildのカバー曲Kids In AmericaのバックコーラスでYanouが歌ってることですかね(笑)。オリジナルの曲はYanou & Manianらしい出来で良かっただけに何故にカバー曲ばかり収録したのか意味不明。あと、どうせこんな中途半端なアルバム作るくらいだったら、バラードの曲が結構良かったので2枚組みにして1枚Yanouプロデュースでバラードばっかりにした方が良かった気がするのは私だけでしょうか?ボーナストラックで収録されているX-PerienceのカバーのA Neverending Dreamですが、Mythos 'N Watergateが原曲の幻想的な雰囲気を生かしているのに比べて・・まぁCascadaらしい音ですがちょっとやりすぎて原曲が別にA Neverending Dreamである必要性がなくなってるのがね~って感じですね。まぁ悪くは無いんですが・・あと最後にどうでもいいのですがとりあえず突っ込んどきます、Cascadaの日本のサイトに「今年の夏、アメリカは「パラ・パラ・サウンド」が席捲する。また日本でも第5次?のパラ・パラ・ブームの到来かもしれない。」って書いてありましたが、いつからトランスがパラパラになったんでしょうかね?それとも@社の差し金で日本では既にトランス→トラパラ→パラパラって事になってしまったのか~!まぁ元から終わってる日本市場なんかどうでもいいのですがその金目当てにドイツがおかしくなって行くのはちょっと情けないですね。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.05.[ Fri ]

MYTHOS 'N WATERGATE - A NEVERENDING DREAM



1 Mythos Video Edit 3:55
2 Watergate Radio Mix 3:14
3 Kadozer Single Edit 3:22
4 Mythos Radio Mix 3:21
5 Watergate Video Edit 3:27
6 Kadozer Mix 6:57
7 Mythos Mix 7:36
8 Watergate Mix 7:18
9 Video Clip

この曲はX-perienceのTranceカヴァーです。こんなにRMXが入ってますが、プロデューサーがDJ Kadozer、Mythos、Wtergateなので実質本人たちのRMXしか入ってません(笑)。Kadozer Mixはノイジーなシンセビートとキック強打のまったり目のHardなジャーマントランスRMXで非常に良いです。Mythos Mixはトライバル系のキックが良い感じで原曲の幻想的な雰囲気を引き立てているRMXで一番バランスの取れたユーロトランスRMXで非常に良いです。Watergate MixはVocalパートの爽やかな疾走感のある爽やかなギターリフと幻想的なシンセリフが見事にマッチして、ギターの音と入れ替わるようにイケイケシンセビート&キックで徐々に盛り上げて行く渋めのユーロトランスRMXで非常によいです。このRMXの中で一番幻想的なRMXです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

 | HOME | 

Calender

04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。