ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.05.19.[ Thu ]

A-EUROPA - Bерь B Mечту

a-europa_01.jpg

Disc 1
01 Intro 1:13
02 Никогда 3:36
03 Ты не любишь меня 4:21
04 Синее небо 4:42
05 Ты + Я 4:49
06 Дыма Дай! 3:35
07 Не бросай свою любовь 4:03
08 Там где я – дожди 3:45
09 Девченка из Маями 3:13
10 Уходи 4:01
11 Get Up 2003 3:15
12 Держись за небо 4:03
13 Синее небо 2 5:03
14 Наш новый год 5:21
15 Outro 1:10
Dis 2 (RMX)
01 La Rocca RMX 3:29
02 Синее небо 4:20
03 Никогда 4:13
04 Там где я – дожди 5:00
05 Девченка из Маями 4:00
06 Девченка из Маями 4:45
07 Get Up 2003 4:08
08 Белые небеса 3:10
09 Tur kur lietus krit 5:00

Tuvumā TālumāがB-jeansにカバーされていたラトビアの大人気(多分)ダンスグループA-Europaの2003年発売の2ndアルバムです。残念ながらラトビア語盤が入手不可だったので泣く泣くロシア語盤を入手しました。若干収録曲がラトビア語盤と違うようです。Tuvumā Tālumāが入っているのは1stで2001年発売のため古すぎて入手不可でした(泣)。A-Europaのメンバー構成はArthur Duboks(Vocal),Vitalik Devyatnikov(Keyboards),Sola and Inna(Dancers)です。Introは心臓の鼓動のような音にバックでゆっくりとTuvuma talumaのメロディーが流れています。Никогдаはイントロからラテンギターリフ炸裂でノリノリなゆったり目のラテンダンスポップで非常に良いです。Ты не любишь меняはラテンギターリフが綺麗でアクセントになっている哀愁系ラテンポップバラードで非常に良いです。時折はいるラテンテイストのキックがアクセントになってます。Синее небоはちょっとシリアスなメロディーでスピード感の有る軽めのポップトランスで非常に良いです。Ты + Яは切ないピアノメロディー&ギターリフにArthur DuboksのハスキーなVocalがマッチして更に哀愁を誘う爽やかな哀愁系ユーロダンスバラードで非常に良いです。Дыма Дай!はイントロからノリノリ全開のブラジル系のラテンサンバでロシア語の歌詞とマッチしてどことなく怪しいげで非常に良いです。Не бросай свою любовьはちょっと切ないメロディーが綺麗でとても爽やかなダンスポップバラードで非常に良いです。特にバックのピアノアルペジオが爽やかで非常に良いです。Там где я – дождиは北欧独特のメロディーがちょっと怪しげで良い感じのエレキロックテイストのトランスユーロダンスで非常に良いです。時折はいる昔の携帯の着メロみたいな単音がアクセントになっていて面白いです。Девченка из Маямиは何とも言えないエレクトリックな音に爽やかなギターリフがマッチしたノリノリなポップハウスで非常に良いです。Уходиはテクノアンビエントテイストのまったりとした曲です。Get Up 2003はひたすらGet Up~♪と叫んでるアホアホなポップハウスで面白くて良いです。この曲は1stアルバムに収録されているGet Upの2003年バージョンの様です。Держись за небоは爽やかなギターリフがキャッチーなメロディーにマッチしたポップユーロトランスで非常に良いです。Синее небо 2はСинее небоと同じ曲の別バージョンでこっちの曲は同名でロシアの映画?か、ドラマ?のサウンドトラック収録バージョンのようでロックポップバージョンです。この曲はロシア語盤にしか入ってません。Наш новый годは何処か懐かしい90年代テイストのゆったり目の哀愁漂うメロディーが良い感じのユーロダンスで非常に良いです。La Rocca RMXはLa Roccaと言う曲のRMXの様ですが元の曲が1stにも入っていないのでよく分からないですがスピード感溢れるノリノリでイケイケなポップハウスRMXで非常に良いです。Синее небоはロシア語盤でやけに大プッシュしているСинее небоの別バージョンです。原曲よりメロディーのテンポはゆったり目でまったりとしたアンビエントな雰囲気が漂ってますがキックを強めてClub仕様にしたRMXで非常に良いです。НикогдаはDisc 1の2曲目の別バージョンです。タダでさえ怪しかったあのラテンテイストの曲がイントロから笛や木琴?の怪しい音色がメロディーにマッチして怪しい大爆発でノリノリな曲になっていて非常に良いです(笑)。Там где я – дождиはDisc 1の8曲目の別バージョンです。Disc 1ではアクセント程度だったエレキロックを前面に出してきたエレキギターリフ炸裂のエレキロックテイストのテクノダンスで非常に良いです。5曲目のДевченка из МаямиはDisc 1の9曲目のExtendedで6曲目のДевченка из Маямиは別バージョンです。こちらの曲はイントロからお間抜けなシンセとチャカポコしたキックが前面にでてVocal少なめの何ともヘンテコでノリノリなテクノポップハウスRMXで面白くて良いです。Get Up 2003はDisc 1の13曲目のExtendedです。Белые небесаこの曲は1stアルバム収録のB-jeansもカバーしていたTuvumā Tālumāの別バージョンです。落ち着いた感じのポップハウスRMXになっていて良いですが、収録時間短!Tur kur lietus kritはDisc 2の4曲目のТам где я – дождиのラトビア語バージョンで歌詞がラトビア語になっただけで一緒です。あと、どうでも良いですがこのCDはpolsという怪しいアイスの広告付です。そういえばDynamintのCDにも広告付でしたし北欧では広告付CDが当たり前なんですかね?どうせなら日本もCDの値段下げてバンバン広告付にしたらいいと思うんですが私だけでしょうか?邦楽でアルバムの値段が3,000円もするのって絶対ぼったくりですよね(笑)。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0
<<A-EUROPA - TĀDI PAŠI KĀ TU | ホーム | VARIOUS ARTISTS - DJ SELECTION VOL. 37 - DANCE INVASION PART 12>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgb.blog3.fc2.com/tb.php/177-4df890e0

 | HOME | 

Calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。