ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2006.01.14.[ Sat ]

LANCE INC. - FEELINGS (HOT, WET N' SEXY)



1 Lonely Heart Mix 3:24
2 Extended Mix 6:41
3 Radio Cut 3:35
4 Djane Nikita Club RMX 5:48
5 Inverno RMX 6:00
6 S.A.D. RMX 6:58
7 Piano Live Version 6:02
8 Ivan Fillini RMX 5:51
9 Deepforces RMX 6:39

以前紹介したオーストリアが誇るトランスグループLance Inc.(Chris Lance、Werner Beck、Herbert Rendl)のオーストリア限定シングルです。前回のCold As Ice同様アナログには未収録だったマニアックなRMXが楽しめます(笑)。前回の曲はドイツではAqualoopがアナログをリリースしていた関係上Aqualoopに関係するRMXが多かったですが、今回のCDはほとんどオーストリア人によるRMXです。Lonely Heart MixLonely Heart Mixはシングル限定RMXでサビの部分以外全部ドイツ語で歌ってます。しかも他のRMXではサビの部分以外はシャウトになってますが、サビの部分以外の歌詞がドイツ語であったのは驚きでした。トランスRMXではなくバラードヴァージョンで哀愁漂うメロディーにドイツ語がうまい具合にマッチしてイケイケなFeelingsとはまた違って非常に良いです。シングル限定なのが惜しいですね。Extended Mixさっきとは打って変わってイントロからイケイケ前回のノリノリなLance Inc.らしいハードなできで非常に良いです。 基本的にあまりコンピアルバムに収録されているのRadio EditかS.A.D. Editのせいで初めてExtnded Mixを通して聴きましたがイケイケ全開のシンセで終始押すのではなく意外とイントロのブレイク後の展開が面白かったです。Djane Nikita Club RMXは同じレコード会社に所属するEure NikitaによるRMXです。マイナー調のメロディーラインのちょっとノイジーなシンセビートが特徴的なハードトランスRMXで良いです。いい意味で原曲を留めてないです。このRMXは一応アナログには収録されているはずですが、そのマイナーなメロディーラインが祟ってかあまりコンピアルバムに収録されてないようです。ていうか収録されたコンピアルバム見たことないですが(笑)。InvernoはS.A.D.の片割れDaniel WinterによるRMXでかなり原曲のちょっと切ないメロディーを生かした激しさ控えめのRMXで非常に良いです。特にメインの哀愁漂うシンセリフがたまらなく良いです。S.A.D. RMXは実にS.A.D.らしいExtended Mixをさらにキャッチーにした終始イケイケ全開のアッパーなRMXに仕上げてあって文句なしの出来です。日本ではこのRMXの人気がダントツなのかコンピアルバムに収録されるRMXは大体このRMXのEditです。Piano Live Versionはシングル限定RMXにしておくには非常に惜しいRMXです。基本的な音はExtendedと一緒なのですがイントロから役2分間とアウトトロの役1分間ほどは、タイトルどおりのキラキラピアノの嵐で非常に良いです。文句なしですね。Ivan Fillini RMXはFill Ivan(1975/08/02生まれのイタリア人)によるRMXです。正規盤には入らなかったですがLance Inc.のCold As IceもRMXしてたようです。名前もそうですが、音ももろイタリア系の音です(笑)。全体的にまったりとした雰囲気のキラキラピアノシンセリフがいい感じのテクノ系のイタロダンスRMXで非常に良いです。Deepforces RMXはいわずと知れたDeepforces (Raig M. & Chris B.)によるハードなRMXです。ハードなイントロをブレイクした後の盛り上がり方が非常に良いです。X RMXのときよりかはハードさ控えめですが、この曲にはこれくらいがちょうど良いと思います。前作と同様に出来がかなり良かっただけに2005年はLance Inc.の新曲がリリースされなかったのが残念でした。Rob Mythと組んだL&M Projectなんかさっさとやめて今年こそLance Inc.名義でリリースしてほしいものです。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0
<<BEAT BANGERZ - DOOP (RE-WASHED) Vinyl | ホーム | TATANA FEAT. JOANNA - IF I COULD>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgb.blog3.fc2.com/tb.php/235-e2d56e80

 | HOME | 

Calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。