ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2007.03.23.[ Fri ]

JAMASTER A - CONNECTION/BELL OF TIANANMEN



01 Bells Of Tiananmen (Airbase Radio Mix) [Music Video] 4:31
02 Connection (Shaun Baker & Sebastian Wolter Radio Mix) 3:35
03 Connection (Cloudchaser Radio Mix) 3:38
04 Connection (Jamster A Original Mix) 5:37
05 Connection (Shaun Baker & Sebastian Wolter Mix) 6:58
06 Connection (Cloudchaser Mix) 7:48
07 Connection (M-Sequence Mix) 9:23
08 Bells Of Tiananmen (Airbase Radio Mix) 4:20
09 Bells Of Tiananmen (Jamaster A Radio Mix) 4:19
10 Bells Of Tiananmen (Airbase Mix) 8:49

現在はカナダのバンクーバーで活動中の楊振龍(ALEX BABOO)の名が香港で有名なJamaster Aですが、彼のHPによると82年ごろから香港でDJ活動を始めたようで、90年代は香港で数多くのヒット作を手がけ、日本でも2000~2004年頃に小室哲哉の曲絡みでJamaster A名義でRMXしてるようで、その中でも2000年リリースの安安室奈美恵 - Please Smile Again (Jamster A Mix他収録)がオリコンランク2位をとったようです。ConnectionはNOKIAの 2007年 New Year's Eve EventのOpening Songだったようです、そのせいか随所に携帯の着信音みたいな電子音がちりばめられてます。このCDに収録されてるBells Of Tiananmen (Airbase Radio Mix)のビデオにもNOKIAの携帯やロゴが不自然なくらい出てきたのでJamaster AがNOKIAとプロモーション契約でも結んでるんでしょうね。Connection (Jamster A Original Mix)はイントロから携帯の着信音みたいな電子音や結構ズンドコしたキック+ASIAテイストの尖ったテクノシンセで攻めまくり、メインもノイジーで尖った感じのテクノシンセ+ズンドコ系のキックでなんとも幻想的な曲に仕上がっていて良いです。Connection (Shaun Baker & Sebastian Wolter Mix)は本人のRMXより出来が良かったのか、メイン扱いです。恐らくこちらのRMXがNOKIAのイベントのOpeningに使われたのじゃないでしょうかね。Shaun Bakerといえば例の如くいつものExplodeの時と同じイケイケ全開のスペイシーなユーロトランスRMXに仕上げていて非常に良いです。イケイケ良すぎて原曲の幻想的な雰囲気がぶっ飛んでますよ(笑)。共作しているSebastian Wolterですが、どこかで見た事ある名前だと思ったらShaun BakerのExplode2、PushやT90 @ The Dome - Taste Of SummerでMelino(Olav Bel Goe & Sebastian Wolter)としてRMXしてた人物ではないですか。しかし、Shaun Bakerもこんなに良いRMXが作れるのに新曲のV.I.P. (Sebastian Wolter Club Mix)はもろハウスでした(笑)。Connection (Cloudchaser Mix)はCloudchaserことNiklas Gustavsson(スウェーデン)によるRMXでイントロからちょっとノイジーでピコピコしたテクノシンセで一瞬ハウスか?と思いましたが、ブレイク後のメインのシンセリフがキラキラしていて幻想的で、全体的にまったりとした感じのテクノトランスに原曲を見事に昇華させていて非常に良いです。いかにも北欧産のトランスな仕上がりで良いですよ。Connection (M-Sequence Mix)はイントロから暗めのトライバルハウステイストでゲゲと思いましたが、ブレイク後の展開はいつもどおりキラキラの北欧風の浮遊感のあるシンセリフでトライバルテイストのキックとうまい具合にあって原曲の幻想的な雰囲気を更に際立たせたRMXに仕上がっていて非常に良いです。相変わらずM-SequenceのRMXはカナダ産に聞こえない(笑)。Bells Of Tiananmen (Airbase Mix)はイントロから如何にもAirbaseらしいうねる様なスピード感溢れるシンセビートで攻めまくり、ブレイク後の如中国琴の音をメインに使った原曲の何にも中国なメロディーとの絡みもばっちりで、見事に原曲の雰囲気そのままにAirbaseらしい重厚感のあるキラキラトランスに仕上げていて非常に良く、文句なしの出来です。このRMXは、以前にリリースされたBells Of Tiananmenの2007年追加新RMXのようです。
スポンサーサイト
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0
<<IGODA - SANCTUARY | ホーム | DJ MARTINEZ FEAT LAIA - I WANNA BE FREE>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgb.blog3.fc2.com/tb.php/286-f707d018

 | HOME | 

Calender

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。