ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2006.05.10.[ Wed ]

ORKIDEA - BEAUTIFUL



01 Alt + F4 Radio Edit 3:25
02 Alt + F4 Remix 7:50
03 Original Radio Edit 3:54
04 Original 7:36
05 Sundawner's Tribal Remix 9:16
06 DJ Tab Remix 7:14
07 Faraway Project Remix 8:19
08 Alt + F4 Instrumental 7:50
09 Syna Remix 8:56
10 Ambient Mix 4:55

Orkidea aka Tapio Hakanenによるこの曲はさすがFinland産ですよ!と叫びたくなるくらい良い曲で、どのRMXも文句なしの出来です。Origianlは結構まったりとしていて、どこか別の世界に迷い込んだようなアンビエント系のキラキラテクノトランスで非常によいです。このなんともいえないまったり感が病み付きになりそうです(笑)。Alt + F4 Remixは原曲よりテンポアップした空間系のキラキラシンセビートがなんとも心地良く、この曲のタイトルに相応しい美しいキラキラユーロテクノトランスに仕上げていて非常によいです。何度聴いても癒されます。Sundawner's Tribal Remixは原曲のまったり感&幻想的な雰囲気をさらに濃くした感じのトライバルテクノハウスRMXで良いです。DJ Tab Remixはキックのリズムが独特の雰囲気を醸し出している原曲よりテンポ早めで渋めのテクノトランスRMXで非常によいです。Faraway Project Remixは原曲のまったり感&幻想的な雰囲気はそのままでテクノ色を強めたRMXになっていて原曲よりさらに別世界に飛ばされた感じのする幻想的なRMXで非常に良いです。Syna Remixは原曲のまったり感はそのままで、イントロからソリッド感のあるテクノシンセとストリング系のシンセが絶妙に混ざり合って、ブレイクで入ってくるピアノアルペジオがまた良い具合にアクセントになっているチルアウト系のソリッドテクノトランスで非常に良いです。これまた何度聴いても癒されます。Ambient Mixは完全にチルアウトRMXです。元々幻想的な曲なのに何故今更Ambientといっているのか良く分かりませんがとりあえず最後に飾るに相応しいRMXです。あと、どうでもいいのですが何でジャケットの絵が某漫画のパクリっぽい女神?のアニメ絵でしかも!「美しい」って日本語で書いてあるんだ~!ヨーロッパのDJはアニメオタクが多いんでしょうかね(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.05.[ Fri ]

CASCADA - EVERYTIME WE TOUCH



01 Everytime We Touch 3:17
02 Ready For Love 3:23
03 Miracle 3:38
04 How Do You Do 3:16
05 Can't Stop The Rain 3:28
06 Truly Madly Deeply 4:12
07 Wouldn't It Be Good 3:27
08 Bad Boy 3:12
09 Another You 3:37
10 A Neverending Dream 3:22
11 Love Again 3:27
12 Kids In America 3:00
13 One More Night 3:42
14 Everytime We Touch (Yanou's Candlelight Mix) 3:16
15 Everytime We Touch (Club Mix) 5:31
16 How Do You Do (Original Mix) 5:04
17 A Neverending Dream (Club Mix) 4:56
18 A Neverending Dream (Deepforces Remix) 6:07
19 A Neverending Dream (The Real Booty Babes Remix) 5:58

ビルボートチャートの上位にランクインされてアメリカ・日本受けを意識したのか、それともマニアンの単なる手抜きかは分かりませんがCASCADAが終わったことを証明する一枚になりそうなアルバムです。いやー何もそこまでしなくてくもってくらいカバー曲ばかりです(爆)。いくらカバー曲の方が受けがいいからってこりゃねーだろってくらい選曲もまた微妙。サベガのTruly Madly Deeplyを持ってきたのは日本受けを狙ってか?でも客層が違うか(笑)。アルバム収録新曲でオリジナル曲なのが5曲だけってのはどうなんでしょうね(笑)。9曲目のAnother Youですが、オランダ人歌手Doのバラードに似てるなぁと思っていましたが、それもそのはずこのアルバムのバラードMix担当はYanouで、DoのプロデュースはYanou、そりゃ似るはずですよ(笑)。それとDoつながりかどうかは分かりませんが5曲目のCan't Stop The Rainの共同作曲者の名前にAllan Eshuijsの名前が!確かこの人もDoのアルバムで曲書いてましたよ(笑)。なんといっても一番このアルバムで笑えたのは12曲目のKim Wildのカバー曲Kids In AmericaのバックコーラスでYanouが歌ってることですかね(笑)。オリジナルの曲はYanou & Manianらしい出来で良かっただけに何故にカバー曲ばかり収録したのか意味不明。あと、どうせこんな中途半端なアルバム作るくらいだったら、バラードの曲が結構良かったので2枚組みにして1枚Yanouプロデュースでバラードばっかりにした方が良かった気がするのは私だけでしょうか?ボーナストラックで収録されているX-PerienceのカバーのA Neverending Dreamですが、Mythos 'N Watergateが原曲の幻想的な雰囲気を生かしているのに比べて・・まぁCascadaらしい音ですがちょっとやりすぎて原曲が別にA Neverending Dreamである必要性がなくなってるのがね~って感じですね。まぁ悪くは無いんですが・・あと最後にどうでもいいのですがとりあえず突っ込んどきます、Cascadaの日本のサイトに「今年の夏、アメリカは「パラ・パラ・サウンド」が席捲する。また日本でも第5次?のパラ・パラ・ブームの到来かもしれない。」って書いてありましたが、いつからトランスがパラパラになったんでしょうかね?それとも@社の差し金で日本では既にトランス→トラパラ→パラパラって事になってしまったのか~!まぁ元から終わってる日本市場なんかどうでもいいのですがその金目当てにドイツがおかしくなって行くのはちょっと情けないですね。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.05.05.[ Fri ]

MYTHOS 'N WATERGATE - A NEVERENDING DREAM



1 Mythos Video Edit 3:55
2 Watergate Radio Mix 3:14
3 Kadozer Single Edit 3:22
4 Mythos Radio Mix 3:21
5 Watergate Video Edit 3:27
6 Kadozer Mix 6:57
7 Mythos Mix 7:36
8 Watergate Mix 7:18
9 Video Clip

この曲はX-perienceのTranceカヴァーです。こんなにRMXが入ってますが、プロデューサーがDJ Kadozer、Mythos、Wtergateなので実質本人たちのRMXしか入ってません(笑)。Kadozer Mixはノイジーなシンセビートとキック強打のまったり目のHardなジャーマントランスRMXで非常に良いです。Mythos Mixはトライバル系のキックが良い感じで原曲の幻想的な雰囲気を引き立てているRMXで一番バランスの取れたユーロトランスRMXで非常に良いです。Watergate MixはVocalパートの爽やかな疾走感のある爽やかなギターリフと幻想的なシンセリフが見事にマッチして、ギターの音と入れ替わるようにイケイケシンセビート&キックで徐々に盛り上げて行く渋めのユーロトランスRMXで非常によいです。このRMXの中で一番幻想的なRMXです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.03.21.[ Tue ]

VARIOUS ARTIST - MAXI CLUB TRAXX >> VOL 1



01 East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Radio Edit) 3:27
02 East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Extended Version) 5:56
03 East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Technorocker Club Remix) 6:10
04 East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Vandice Remix) 6:56
05 Magic D. - Light Years 2 Go (Original Radio Cut) 4:10
06 Magic D. - Light Years 2 Go (Chris Cute Edit) 3:54
07 Magic D. - Light Years 2 Go (Original Club Mix) 8:54
08 Magic D. - Light Years 2 Go (Chris Cute Remix) 6:10
09 Technoroker - Power Of Love (Radio Eidt) 4:10
10 Technoroker - Power Of Love (Extended Version) 7:31
11 Technoroker - Power Of Love (Clubby Remix) 6:38

最近のドイツ盤CDSの収録内容のしょぼさに嘆いていたらいつの間にかインディーズ盤で激レアなCDSが出ていました(爆)。最近のドイツ盤にしてはかなりまともな収録内容です。East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Extended Version)はManiac CDでおなじみのEast-Rockerz (Janardana & groovemike)のオリジナル曲です。哀愁漂う綺麗なメロディー&女性VocalにJanardana節全開の分厚いシンセリフで押し捲るノリノリなユーロトランスで非常に良いです。ってか殆どEast Clubbers見たいな音ですが(爆)。ブレイク後のピアノリフ&女性Vocalが最高に良いです。East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Technorocker Club Remix)はこのCDSにも自身の曲が収録されているTechnorockerによるRMXです。Technorockerは何者なのかはよく分かりませんせんが、CDSのクレジットを見る限りポーランド人としか思えない名前が書いてあったので十中八九ポーランド人で間違いないでしょう。で内容の方ですが、今流行の直球ど真ん中Andorfine系のイケイケジャーマントランスRMXになっていて非常に良いです。まぁMike Wind同様最近のポーランド人はAndorfine系のManianライクな音が好きなんでしょうね(笑)。East-Rockerz - Sound Of My Dreams (Vandice Remix)はイントロからキック強打+分厚目のバキバキシンセリフで攻めまくるハードトランスRMXで良い意味で原曲が吹っ飛んでいて良いです。メインのシンセリフがちょっとハウステイスト入ってるのがアクセントになってます。Magic D. - Light Years 2 Go (Original Club Mix)はこれぞMagic D.と言った感じの清涼感溢れる空間系シンセリフに女性Vocalが見事にマッチした激キャッチーな爽やかユーロトランスで非常に良いです。Magic D. - Light Years 2 Go (Chris Cute Remix)はイントロから相変わらずRob Mythのパクリにしか聞こえませんが(爆)、Chris Cuteらしい脳天気なアッパーシンセリフで終始攻め巻くるアッパートランスRMXで非常に良いです。しかし、相変わらずRob Mythそっくりです(爆)。Technoroker - Power Of Love (Extended Version)はイントロからAndorfine系丸出しのモロ流行のジャーマントランスですが、そこはポーランド産適度に怪しいシンセリフを散りばめてますのでオリジナリティーは確立されてます(笑)。しかし、何度聞いてもサビにいくまでのメロディーがCascada - Everytime We Touchそっくりに聞こえるんですよね~(笑)。Technoroker - Power Of Love (Clubby Remix)はなんかどっかで聞いた事のあるような音だと思ってよくよく聞いてみると、Groove Coverageの曲をManianがRMXした時の音そっくりじゃないですか(爆)。要はKonradとManianの音を足して2で割った感じの音です(笑)。まぁこれでもかってなくらい最近流行音を詰め込んじゃってるのでどっかで聞いた事のある音になるはずですね(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.18.[ Sat ]

DJ DAVE - STAND BY ME THE REMIXES



1 Radio Version 3:42
2 André Visior Remix 6:42
3 Noémi Remix 8:07

DJ Daveの激安トランスカバーのRMXIES盤です。といっても収録されているのはAndré Visior RemixとNoémi Remixだけ(爆)。当時のドイツ盤として珍しくけち臭い収録数です。André Visior Remixは原曲よりイケイケ度が数段増したスペーシーな空間系キラキラシンセで突っ走るRMXで非常に良いです。Noémi Remixはいや~イントロから暗くて重い雰囲気満点で原曲の明るさをほぼ排除したマイナーコード全開のスピード感溢れるバキバキシンセビート炸裂の実にNoémiらしいRMXで非常に良いです。ある意味別の曲になってしまってますが(爆)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.18.[ Sat ]

666 - RHYTHM TAKES CONTROL



1 Screen Cut Radio Mix 3:47
2 666 In The Mix 9:51
3 Starsplash Remix 7:16
4 Noémi (Fly With The Beat Mix) 6:34
5 T-Rob Remix 8:35
6 Beats 'n' Voices 2:20

Activate(Thomas Detert, Mike Griesenheimer,Andreas Hoetter,Alexander Stiepler)時代の名曲Let The Rhythm Take Controlの666(Thomas Detert, Mike Griesenheimer)によるセルフカバーです。煽りMC+女性Vocalのイケイケハードトランスで非常に良いです。Starsplash Remixは原曲のハードさを生かしつつ高揚感のある空間系のスペーシーなシンセで押し捲るスピード感あふれるRMXで非常に良いです。Noémi (Fly With The Beat Mix)はイントロから原曲より重めのキック&ベースシンセでゴリゴリ攻めまくり、ブレイク後は Noémiサウンド炸裂のバキバキシンセで押し捲る哀愁系ハードトランスで非常に良いです。まぁ666の2人はNoémiのメンバーですから相性抜群なのは当然といえば当然なんですけどね。T-Rob Remixはイケイケな原曲の煽りMCをうまく生かしてスペイシーなキラキラシンセで責めまくるアッパートランスで非常に良いです。。そういえば666のMike Griesheimer, Thomas Detertですが90年代前半ごろはActivateでラッパーもやってたんですね~(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.16.[ Thu ]

DJ SAMMY & YANOU FEAT. DO - HEAVEN



1 Heaven (S'N'Y Mix Radio Edit) 3:55
2 Heaven (S'N'Y Mix Extended) 5:17
3 Heaven (Green Court Remix) 8:29
4 Heaven (Simon & Shaker Remix) 9:03
5 Heaven (Commander Torn Remix) 6:35
6 Heaven (Anastasia Remix) 10:52
7 The Blue 7:01
8 Heaven (Yanou's Candlelight Mix) 4:03
9 Heaven (Video)

今ではありえない当時の豪華メンバーがRMXに名を連ねたDJ Sammy & Yanouの最高傑作Heavenの豪州盤です。特筆すべきはUK盤収録RMXを除く全RMXがFullで収録されていることです。特にGreen Court RMXはEU & US盤ではEdit?収録の6分代でしたが豪州盤では8分代の振る収録です。S'N'Y Mix Extendedsは爽やかトランスの決定盤です、文句なしですね。さすがDJ Sammyといったとこでしょうか。Green Court RemixはイントロからGreen Courtらしい重厚感のあるシンセで押し捲り、ブレイク後はスペイシーなアッパーシンセで突っ走る原曲よりハードテイストに仕上げたすばらしいRMXで非常に良いです。Simon & Shaker Remixはオランダ系を髣髴とさせる渋めの淡々としたキラキラシンセで終始攻めまくる激渋RMXです、これはこれでなかなか良いです。DJ Tiësto系の音が好きな人にはいいんじゃないでしょうか。Commander Torn Remixはイントロから終始ゴチャゴチャしたわけの分からない音のRMXで好みの音ではないです。Anastasia Remixは一瞬Dance Nationを髣髴とさせる清涼感のあるソリッドなシンセビートがなんとも良い感じの原曲に負けず劣らず爽やかなRMXで非常に良いです。とてもCommander Torn RMXと同じ人がRMXしてるとは思えない出来です(笑)。The BlueはSammyとyanouのオリジナルのトラックものでTrancemasterに収録されてもいいくらいの爽やかで激キャッチーなキラキラエピックトランスで非常に良いです。特にブレイクのキラキラビアのリフが最高ですね。The BlueはYanou & Sammyによるオリジナルのトラックものです。この二人にしてこの音ありとでも言いましょうか、非常に爽やかなキラキラエピックトランスで文句の付け所がありません。Yanou's Candlelight Mixはアコースティックピアノバージョンです。そういえばVocalのDoが本国オランダで出していたシングルにはHeavenのピアノバージョンとOn & Onのピアノバージョンでした。Yanou's Candlelight Mixで思い出しましたが、Cascadaの今月末ごろ発売されるアルバムの最後にしっかりとEverytime We TochのYanou's Candlelight Mixが入ってました。そのCascadaのアルバムの内容はD.H.T.同様アメリカ受けするような曲構成であ~あってな感じの出来でした(笑)。正直Cascadaは段々曲のクオリティーが落ちまくってると思ってましたがこのアルバムは止めを刺したなって感じですね(爆)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.15.[ Wed ]

ILLUSION - WIND OF CHANGE 2003



1 Wind Of Change (Female) (Radio Edit) 3:34
2 Wind Of Change (Female) (Radio Edit) 3:34
3 Wind Of Change (Extended Mix) 6:48
4 Angel 4:15
5 Asia 4:27

ドイツのハードロックバンドScorpionsの最大のヒット曲Wind Of ChangeのTranceカバーです。原曲の激キャッチーなメローディーを生かした爽やかで流れるような心地の良いキラキラシンセビートと女性Vocalが見事にマッチしたキラキラエピックトランスで非常に良いです。惜しいのはVocalがサビの部分だけになってることとRadio Editで入っていたピアノ、ギター、口笛の音が排除されて完全にTranceになってることですね。この原曲の歌詞が良いので出来ればFull Vocal Mixでも入れて欲しかったです。Angelは全体的に幻想的なテクノシンセが良い感じのサイケ系のテクノトランスで良いです。Asiaはトライバルテイストのアンビエント系のトラックものです。ちなみに、1-3曲のプロデュースはFRAP!(Yanou&F.Reinert)です。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.08.[ Wed ]

REGI - NO MUSIC



1 Radio 3:23
2 Housetrap Radio RMX 3:54
3 Extended 6:17
4 Housetrap Extneded (mp3) 5:36
5 Anonymous RMX (mp3) 5:23
6 Ringtone (mp3) 0:31

RegiことRegi Penxtenのソロシングルです。この曲のプロデュースはRegi & Filipなので音はいつものごとくMilk Inc.です(笑)。巷のハウスブームなどまったく関係ないのか、いつもの透き通るようなスペイシー空間系のシンセで押し捲るこれぞベルギートランスとでもいった感じの素晴らしいできで文句なしですね。時折入るエレキギターリフ&トライバルテイストのスネアがアクセントになっていて良いです。Housetrap Extnededですが、HousetrapことBart GrinaertによるまぁタイトルどおりのハウスRMXですがなぜかRadio Editの方が普通にCDに収録されていてExtendedがmp3として入ってました(笑)。意味不明です。で、内容ですがパンピンなシンセリフでがいい感じのソリッドなハウスRMXに仕上がっておりこれはこれで良いです。Anonymous RMXはSerge RamaekersによるRMXでこのRMXもなぜかmp3のおまけ扱いです。イントロから破裂音系のキック強打でオルガン系のなんとも独特で不思議なシンセリフが特徴的なハードトランスRMXで良いです。何回も聴くうちに癖になりそうな音です。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.06.[ Mon ]

CULTURE BEAT - MR. VAIN RECALL



1 Mr. Vain Recall (Radio Edit) 3:29
2 Mr. Vain Recall (Recall Mix) 6:04
3 Mr. Vain Recall (C.J. Stone Mix With Rap) 7:22
4 Obsession (Short Cut) 2:59
5 Headbangers 3:00

ジュリアナテクノの時代の名曲のセルフカバーです。Recall Mixはイントロから重厚感のあるキック&シンセでHardです。サビの部分の迫力のある女性Vocal&男性VocalのRapとノリノリのHardなシンセビート&キック強打がマッチして原曲のジュリテクの雰囲気をうまくHardTranceに昇華させたRMXで非常によいです。C.J. Stone MixはこちらもイントロからHardですが、爽やかシンセビート&ギターリフの原曲のキャッチーなメロディーを生かしたアップリフティングキラキラハードトランスRMXで非常によいです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.06.[ Mon ]

JESSY - HOW LONG



1 Eadio Edit 3:23
2 Extended Mix 5:12
3 Chris "The Greek" Radio 3:49
4 Chris "The Greek" Club 6:32
5 Vandøren ôg Vanhøyland Remiks 8:27
6 Starfighter Remix 6:11

How Longのアメリカ盤はアメリカ新RMXとベルギー盤CDSでは何故かカットされていたExgtended Mix、Starfighter Remixが収録されています。相変わらずベルギーのシングルはいつも収録RMXが少なすぎで他国盤の方がRMXてんこ盛りです(笑)。音はFilip & RegiですからMilk Inc.ですが(笑)、ちょっと暗めの哀愁漂うメロディー&いつもの分厚くてスペイシーなシンセにJessyの迫力あるVocalが見事にマッチして非常によいです。何故Extended Mixがベルギー盤に収録されなかったのか謎ですね。Chris "The Greek" ClubはChris "The Greek" Panaghiによるアメリカ追加新RMXです。いつものChrisらしいキラキラアップリフティングシンセで攻めまくるポップハウスRMXで良いことは良いんですが、原曲が暗めの曲なのでちょっと無理やり感があるかもしれないですね。Vandøren ôg Vanhøyland Remiksはプロデューサーの片割れFilip VanduerenとBart VanhoylandによるRMXです。原曲よりアンビエント色の強い空間系のベルギーらしい音のRMXで非常によいです。Starfighter Remixはチャカポコした軽めのトライバルハウスRMXです。まぁこちらのRMXはベルギー盤でカットされた理由が分かる気がします(笑)。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.04.[ Sat ]

SPRING - MISUNDERSTOOD



1 Alex Megane Radio Edit 3:33
2 Alex Megane Remix 5:40
3 Druckteknik Remix 7:06
4 Original Mix 9:39
5 Original Radio Mix 3:42
6 Alex Megane Extended Mix 5:40

Alex Megane Extended Mixは聞いた瞬間それとわかるMegane節全開のイケイケユーロトランスRMXで非常に良いです。Alex Megane RemixはExtended Mixとほぼ一緒ですが若干シンセの音が渋めのアレンジでこちらのRMXも非常に良いです。Druckteknik Remixはイントロからズンドコキック強打&バキバキシンセのハードテクノRMXで良いです。Original Mixは今流行のAndorfine系の音とは違い渋めにじわじわ盛り上げていく激渋ユーロトランスで非常に良いです。特にちょっとトライバルテイストの入った重めのキックが上手い具合に激渋シンセとマッチして良いです。9分超の長さを感じさせないくらい出来で文句なしですね。そういえばこの曲のプロデューサーの一人であるSam PunkはSam-Pling名義でMeganeと共作でMysterio - There Is A StarのRMXしてましたね。確かこのときも同じTriebwerkからだしてました。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.02.02.[ Thu ]

VOGUE - MISSING YOU



1 4 Skips Vs. Shohei Matsumoto Remix Radio Edit 3:00
2 Radio Edit 3:39
3 4 Skips Vs. Shohei Matsumoto Remix 5:14
4 Delaction Remix 6:06
5 Friday Night Posse Remix 6:22
6 Saint Remix 6:18
7 Kideva Remix 7:02
8 Puchetta & Philly Remix 7:04

イギリスの女性3人組みVogue(Louise、Charlotte、Rachel)のデビュー曲のようです。この曲はノルウェーの有名プロデュース集団Deep Frost製作です。このプロデュース集団Deep Frostはよくよく調べたらBaracuda - Ass Up!も作曲してました(笑)。4 Skips Vs. Shohei Matsumoto Remixは松本祥平によるRMXです。4 Skipsもどう考えても松本祥平の別名義なはずですが、CISICOのサイトには4 SkipsとHeavens Wireは別人として扱ってます。契約の都合でしょうかね?まぁですから音はマンマHeavens Wireでアッパートランスです(笑)。この人に限らず日本人リミキサー全般の音はドイツ系の音よりUK向きだと前々から思っていたのですが、まぁその点から言って今回の曲にはハマってます。ドイツ系の音の日本人RMXはそれはもうひどいもんで今回はだいぶ良いです。Delaction RemixはDelaction(DJ Hibiki、Ken-Bow)によるRMXです。今流行のプチアゲ系の音のようですが4 Skips Vs. Shohei Matsumoto Remixよりさらに軽くて薄めのアッパーな音になってます。まぁ悪くは無いと思いますが、ちょっと音が薄すぎるような・・・Friday Night Posse Remixはどこから聴いても実にFNPらしい爽やかな音で良いです。Saint Remixは一番ヴォーカルを生かしたUKらしいAATW系の爽やか激キャッチーRMXで非常に良いです。この収録RMXの中で一番の出来ではないでしょうか。Kideva Remixは音がKB Project RMXかってなくらいそっくりなRMXで良いです。Puchetta & Philly Remixはピコピコした音がアクセントになってるほのぼのキラキラポップトランスRMXで非常に良いです。Saint Remixに負けず劣らずこちらのRMXも良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.01.18.[ Wed ]

MILK INC. - GO TO HELL



1 Radio 3:44
2 Very Extended 5:31

Milk Inc.の2005年リリースの新曲です。この曲とBlindのメドレーでTMF Awards 2005 Belgiumでライブしてました。しかもそのときのRegiの着てるTシャツがヤバ過ぎ(笑)。何がヤバいって胸にプリントされてるマークがヤバ過ぎ!ドクロの定番マークのドクロの代わりにトランスフォーマーのサイバトロンのマークになってました(笑)ネタとしか思えませんね。で、曲の内容ですがLindaの迫力あるVocalが生きるいつものMilk Inc.らしい分厚いシンセで攻めまくるイケイケなユーロトランスで非常に良いです。欲を言えばもうちょっと別のRMXを収録してくれてもいいんでないでしょうかね。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.01.18.[ Wed ]

DJ MELLOW-D - @ NIGHT



1 Official Radio Mix 3:58
2 Short Original Mix 3:44
3 Official Remix 6:58
4 Original Mix 7:38
5 Dutch Force Remix 8:22

DJ Mellow-DことChristian Scharnweberの2000年のヒット曲です。 Official RemixはSvenson & Gielenを彷彿とさせるイケイケキラキラシンセリフ炸裂のスピード感あふれるRMXになっていて非常に良いです。特にブレイクのピアノが最高です。Original Mixはイントロからキック強打の全体的にOfficial RMXをハードにしたRMXで良いです。チャカポコした強めのキックが特徴的です。Dutch Force Remixは原曲のキラキラピアノリフを最大限に生かした空間系の爽やかなキラキラダッチトランスに仕上げていて非常に良いです。爽やかながらちょっと哀愁漂うシンセリフがなんともいえず良いです。
  1. Category:EuroTrance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

« PREV  | HOME |  NEXT »

Calender

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。