ManiacCD

私の趣味で集めたマニアックなCD等を紹介します。

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.05.19.[ Thu ]

A-EUROPA - Bерь B Mечту

a-europa_01.jpg

Disc 1
01 Intro 1:13
02 Никогда 3:36
03 Ты не любишь меня 4:21
04 Синее небо 4:42
05 Ты + Я 4:49
06 Дыма Дай! 3:35
07 Не бросай свою любовь 4:03
08 Там где я – дожди 3:45
09 Девченка из Маями 3:13
10 Уходи 4:01
11 Get Up 2003 3:15
12 Держись за небо 4:03
13 Синее небо 2 5:03
14 Наш новый год 5:21
15 Outro 1:10
Dis 2 (RMX)
01 La Rocca RMX 3:29
02 Синее небо 4:20
03 Никогда 4:13
04 Там где я – дожди 5:00
05 Девченка из Маями 4:00
06 Девченка из Маями 4:45
07 Get Up 2003 4:08
08 Белые небеса 3:10
09 Tur kur lietus krit 5:00

Tuvumā TālumāがB-jeansにカバーされていたラトビアの大人気(多分)ダンスグループA-Europaの2003年発売の2ndアルバムです。残念ながらラトビア語盤が入手不可だったので泣く泣くロシア語盤を入手しました。若干収録曲がラトビア語盤と違うようです。Tuvumā Tālumāが入っているのは1stで2001年発売のため古すぎて入手不可でした(泣)。A-Europaのメンバー構成はArthur Duboks(Vocal),Vitalik Devyatnikov(Keyboards),Sola and Inna(Dancers)です。Introは心臓の鼓動のような音にバックでゆっくりとTuvuma talumaのメロディーが流れています。Никогдаはイントロからラテンギターリフ炸裂でノリノリなゆったり目のラテンダンスポップで非常に良いです。Ты не любишь меняはラテンギターリフが綺麗でアクセントになっている哀愁系ラテンポップバラードで非常に良いです。時折はいるラテンテイストのキックがアクセントになってます。Синее небоはちょっとシリアスなメロディーでスピード感の有る軽めのポップトランスで非常に良いです。Ты + Яは切ないピアノメロディー&ギターリフにArthur DuboksのハスキーなVocalがマッチして更に哀愁を誘う爽やかな哀愁系ユーロダンスバラードで非常に良いです。Дыма Дай!はイントロからノリノリ全開のブラジル系のラテンサンバでロシア語の歌詞とマッチしてどことなく怪しいげで非常に良いです。Не бросай свою любовьはちょっと切ないメロディーが綺麗でとても爽やかなダンスポップバラードで非常に良いです。特にバックのピアノアルペジオが爽やかで非常に良いです。Там где я – дождиは北欧独特のメロディーがちょっと怪しげで良い感じのエレキロックテイストのトランスユーロダンスで非常に良いです。時折はいる昔の携帯の着メロみたいな単音がアクセントになっていて面白いです。Девченка из Маямиは何とも言えないエレクトリックな音に爽やかなギターリフがマッチしたノリノリなポップハウスで非常に良いです。Уходиはテクノアンビエントテイストのまったりとした曲です。Get Up 2003はひたすらGet Up~♪と叫んでるアホアホなポップハウスで面白くて良いです。この曲は1stアルバムに収録されているGet Upの2003年バージョンの様です。Держись за небоは爽やかなギターリフがキャッチーなメロディーにマッチしたポップユーロトランスで非常に良いです。Синее небо 2はСинее небоと同じ曲の別バージョンでこっちの曲は同名でロシアの映画?か、ドラマ?のサウンドトラック収録バージョンのようでロックポップバージョンです。この曲はロシア語盤にしか入ってません。Наш новый годは何処か懐かしい90年代テイストのゆったり目の哀愁漂うメロディーが良い感じのユーロダンスで非常に良いです。La Rocca RMXはLa Roccaと言う曲のRMXの様ですが元の曲が1stにも入っていないのでよく分からないですがスピード感溢れるノリノリでイケイケなポップハウスRMXで非常に良いです。Синее небоはロシア語盤でやけに大プッシュしているСинее небоの別バージョンです。原曲よりメロディーのテンポはゆったり目でまったりとしたアンビエントな雰囲気が漂ってますがキックを強めてClub仕様にしたRMXで非常に良いです。НикогдаはDisc 1の2曲目の別バージョンです。タダでさえ怪しかったあのラテンテイストの曲がイントロから笛や木琴?の怪しい音色がメロディーにマッチして怪しい大爆発でノリノリな曲になっていて非常に良いです(笑)。Там где я – дождиはDisc 1の8曲目の別バージョンです。Disc 1ではアクセント程度だったエレキロックを前面に出してきたエレキギターリフ炸裂のエレキロックテイストのテクノダンスで非常に良いです。5曲目のДевченка из МаямиはDisc 1の9曲目のExtendedで6曲目のДевченка из Маямиは別バージョンです。こちらの曲はイントロからお間抜けなシンセとチャカポコしたキックが前面にでてVocal少なめの何ともヘンテコでノリノリなテクノポップハウスRMXで面白くて良いです。Get Up 2003はDisc 1の13曲目のExtendedです。Белые небесаこの曲は1stアルバム収録のB-jeansもカバーしていたTuvumā Tālumāの別バージョンです。落ち着いた感じのポップハウスRMXになっていて良いですが、収録時間短!Tur kur lietus kritはDisc 2の4曲目のТам где я – дождиのラトビア語バージョンで歌詞がラトビア語になっただけで一緒です。あと、どうでも良いですがこのCDはpolsという怪しいアイスの広告付です。そういえばDynamintのCDにも広告付でしたし北欧では広告付CDが当たり前なんですかね?どうせなら日本もCDの値段下げてバンバン広告付にしたらいいと思うんですが私だけでしょうか?邦楽でアルバムの値段が3,000円もするのって絶対ぼったくりですよね(笑)。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.05.17.[ Tue ]

BARACUDA - ASS UP!

baracuda_01.jpg

1 Original Radio Edit 3:01
2 Original Club Mix 5:00
3 Groove Coverage Remix (Radio Edit) 4:06
4 Groobe Coverage Remix (Club Mix) 6:13

Ole Wierk & Axel KonradプロデュースSunny(Vocal) + DJ Toby Sky(DJ)によるBaracudaの最新シングルはなんと!マイナー落ちでした(笑)。なぜだか知りませんが大手レコード会社との契約を辞めて弱小レーベルからの販売でした(その割には未だにWarner MusicドイツのアドレスでBracudaのHPがありしかも更新されている)。しかも唯一マシだったBanana Inc. Remixが収録されていないCDです(泣)。今流行のノイジーなハウス系の音を取り入れつつもOle & Axelらしい音に仕上げてます。Groobe Coverage Remix (Club Mix)は本人達によるRMXですが、その名の通り聴いた瞬間それと分かる実にGroove Coverageらしい音です(テンポ遅すぎですが)。このRMXイントロの数秒を聴いた瞬間、一瞬え?ジュリアナテクノ?って感じの音だったのには正直ビビリました(笑)。まぁその後の音はGroove Covarageだったんですけどね(激遅)。Axel Konradには日本で金に目がくらんで中途半端にバイトしてる暇が有ったらもっと真面目に曲作れって言ってやりたい気分ですよ(笑)。因みにOle Wierk & Axel Konrad絡みのメンバー構成はGroove Covarageは2人 + Mell(Vocal) + Verena(Vocal) + DJ Novus(DJ)、DJ Valium改めDJ Volumeは2人 + Tanja Korb(Vocal)です。DJ Volumeが昔から2人でやってるProjectのようです。最後にCascadaとよく間違われるSpring Breakですが、Axel Konrad + DJ Manian + Verena(Vocal)のProjectです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:1|
  3. コメント:0

2005.05.16.[ Mon ]

FANTASY PROJECT - THE ALBUM

fp_02.jpg

01 Intro 1:04
02 Crazy Baby 3:34
03 Dam Dadi Doo 3:26
04 Way Of Life 3:36
05 Take Me Away 3:32
06 Somebody 3:41
07 Gimme Love 3:37
08 Never Stop 3:47
09 Up And Away 3:35
10 Move It Up 3:21
11 The Only One 3:31
12 Tell Me 3:23
13 Sky 3:47
14 Crazy Baby (Andy Garcia Vs. Virtual Boy Remix) 6:08
15 Dam Dadi Doo (Extended Mix) 5:06
16 Way Of Life (Extended Mix) 5:51
17 Take Me Away (Extended Mix) 6:18
18 Gimme Love (Extended Mix) 5:15

Linzer Andry Steinberger(Vocal)率いるFantasy Projectのアルバムです。プロデュースはそれぞれ1~5,7はWalter Mayer,Ferdinand Musil,Andry Steinberger,Hans Plöchl、6,8~13はDominik Cydlik(C.Y.T.),Roland Binder,Andry Steinberger,Hans Plöchlです。アルバムを大きく前半、後半に分けると後半が今のFantasy Projectで前半が昔のFantasy Projectです。Crazy Babyは独特のアップリフティングなメロディーに綺麗なキラキラピアノリフがマッチしたノリノリなユーロダンスで非常に良いです。Dam Dadi Dooはヴォーコーダ処理されたAndry Steinbergerとちょっとピコピコした感じのノリノリテクノビートがマッチしたユーロダンスで非常に良いです。Way Of Lifeは何処かちょっと影のあるメロディーラインのシンセビートにキック強打のトランス色の強い哀愁系ユーロダンスで非常に良いです。Take Me Awayはメインのバックで鳴っているシンセリフが独特で面白く耳について離れないトランス風哀愁系ユーロダンスで非常に良いです。Gimme Loveはちょっと切なく激キャッチーなメロディーにAndry SteinbergerのVocalが見事にマッチしたノリノリな哀愁系ユーロダンスで非常に良いです。Somebodyはノリノリなユーロダンス色の強いポップトランスで非常に良いです。Never Stopはチャカポコしたキックとハデなシンセリフが特徴的なトランス風ユーロダンスで非常に良いです。時折はいるピアノリフがアクセントになっています。Up And Awayは流れるように綺麗なメロディーがRimini Project - Sounds Goodに似た感じのEuroトランスポップで非常に良いです。Move It Upはちょっとシリアスな雰囲気のメロディーの渋めのトランス風ユーロダンスで非常に良いです。The Only Oneはスピード感溢れるストリング系のシンセビートが綺麗なノリノリユーロトランスで非常に良いです。個人的にはこの曲のExtendedも聴きたかったですね。Tell Meはメインシンセのメロディーラインが90年代後半の曲を彷彿とさせる何処か懐かしいノリノリなユーロダンスで非常に良いです。Skyは爽やかギターリフとキックとのバランスが絶妙なトランスポップバラードで非常に良いです。Crazy Baby (Andy Garcia Vs. Virtual Boy Remix)は原曲の独特なメロディーラインを生かしたキック強めのテクノトランスRMXで非常に良いです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.05.11.[ Wed ]

G-SPOTT - CITY STREET

G_Spott_01.jpg

1 Radio Edit 3:08
2 Club Mix 7:25

Heaven's Cryの片割れG-SpootことRichard van Schooneveldの新曲はモロ今風のノイジーなハ・ウ・スでした(泣)。とてもN-R-Gをリリースした同じ人物とは思えないくらい違う曲風です。まぁだからといってこの曲が酷い訳ではありません。ノイジーでうねりまくった独特のシンセビートにトライバルチックなキック強打で押しまくるエレクトリックハウスです。意外と爽やかな男性Vocalが曲に清涼感を与えていて良いです。最初聴いたときはゲ!っと思いましたが聴けば聴くほど味が出る曲です。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.05.10.[ Tue ]

DJ KICKEN & LEON DE JAGER PRESENT: SALOU SL FEAT. JOYCE - WHAT'S UP

DJ_Kicken_01.jpg

1 What' Up (DJ Kicken Radio Mix) 4:00
2 What' Up (DJ Sandstorm Mix) 6:05
3 What' Up (DJ Kicken Extended Mix) 6:05
4 Rhytmic Session 4:07

PINKのプロデュースでお馴染みのLinda Perryが1992年に4 Non Blondes時代にヒットさせたWat's Upのカバーです。What' Up (DJ Kicken Extended Mix)はちょっとチャカポコした感じのポップでノリノリのエレクトリックハウスRMXで非常に良いです。What' Up (DJ Sandstorm Mix)はちょっとノイジーな感じのシンセビートが特徴的でエレクトリックなノリノリのテクノハウスRMXで良いです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.05.01.[ Sun ]

BLUELAGOON - DO YOU REALLY WANT TO HURT ME ?

bluelagoon_01.jpg

1 Do You Really Want To Hurt Me (Radio Edit) 3:29
2 Do You Really Want To Hurt Me (Extended Version) 4:59
3 Do You Really Want To Hurt Me (Dancehall Remix) 2:56
4 In Da Dancehall 3:45
5 Do You Really Want To Hurt Me (Video)

E-Rotic、Novaspace等のプロデューサーでお馴染みのFelix J. GauderプロデュースによるBluelagoonの第2弾シングルです。Culture Clubの1982年発表のDo You Really Want To Hurt Meのカバーで前作Break My Stride同様レゲエ調の曲で良いです。前作よりまったりとした感じです。In Da Dancehallはオリジナルの曲でR&Bテイストの曲です。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.04.17.[ Sun ]

GROOVEWATCHERS - NA NA SONG

groovewatchers_01.jpg

1 Radio Edit 3:02
2 Original 6:04
3 TDR RMX 7:02

今ではすっかり怪しいテクノハウス系の音になってしまったPeter LutsとDJ Wardによるプロジェクトです。宇宙着たアニメ絵に顔だけ写真の怪しいジャケットです。タイトルどおりひたすらNa Na Na~♪とぶつぶつ言ってる怪しいテクノ全開の最近Lutsらしい音です。Tom De RidderことTDR RMXは原曲をテンポアップさせて渋めのシンセビートで攻めまくるトランス風のテクノサウンドで原曲をClub仕様にしいてた感じで良いです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.04.15.[ Fri ]

REDNEX - THE BEST OF THE WEST

rednex_01.jpg

01 Cotton Eye Joe 2002 3:33
02 Spirit of THe Hawk (F.A.F Radio Mix) 4:01
03 Old Pop in An Oak 3:31
04 Wish You Were Here 3:55
05 Are You Strong Enough ? 3:42
06 The Way I Mate 3:37
07 The Song Of Silence 3:39
08 Love Me Or Leave Me 4:04
09 The Devil Went Down To Georgia 3:35
10 Ride The Hurricane's Eye 3:18
11 Hold Me For A While 4:44
12 Teh Chase 3:10
13 Cotton Eye Joe (Orinal Version) 3:12
14 Rolling Home 4:41
15 Wild And Free 3:38

90年代後半全世界で大ヒットしてカントリーテクノという新ジャンルを開拓したことで有名なRednexの2002年にリリースされた新曲入りのBest盤です。ヨーロッパのスイス・オーストリア・ドイツでは未だに人気でこのCDは本国スウェーデンに先駆けて発売されてます。今はSony/BGMに吸収されてしまった当時のZomba RecordsがRednexに力を入れていたのが良くわかる証拠に、このCDに先駆けてリリースされたシングルCotton Eye Joe 2002にはDance Naiton RMXとAquagen RMXが収録されてました(成功したかどうかはわかりませんが)。しかもRednexの女性VocalはMary Joe(1994~1997)→Scarlet(1997~2004)→Mary Joe(2004~)となってたようです。因みにこのアルバムのVocalはScarletとMary Joeが混ざってます。さらにマニアックな情報としては2002年のソルトレイクシティーオリンピックでロシアのイリーナ・スルツカヤがエキシビジョンで使用した曲がRednexでした。曲の内容ですが、新曲も相変わらずインディアンやカウボーイを連想させるようなカントリー風のテクノダンスで良かったです。昔に比べ若干ピコピコ感が丸くなってましたが相変わらず良いです。最後にどうでも良いですがこのCDかなり強力なプロテクトがかけてあり今までPCで読めませんでしたがPC代えてからやっと読めるようになりました。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.04.14.[ Thu ]

O-ZONE - DISCO-ZONE

o-zone-j.jpg

01 Dragon Din Tei 3:38
02 Festa De La Noche 4:06
03 De Ce Plang Chitarele 4:14
04 Printre Nori 3:47
05 Oriunde Ai Fi 4:30
06 Numai Tu 4:06
07 Dar, Unde Esti 4:08
08 Despre Tine 3:51
09 Sarba Toarea Noptilor De Vara 3:58
10 Nu Ma Las De Limba Noastra 3:55
11 Crede Ma 4:46
12 Dragon Din Tei (Overhead Champion Remix) 6:45
13 Dragon Din Tei (DJ Kaya & DJ Kousuke Remix) 5:40
14 Dragon Din Tei (Eurobeat Mix) 4:07

このCDも今更ですがタワレコのポイント消化で購入しました。ブックレットに日本語訳が載っていたのですがルーマニア語を直接訳したのではないみたいです。日本での版権をとった会社としてそれくらいお金をかけてキッチリやらないといけない気がするんですけどね?こんなセコイことやってるからCD売れなくなるのにわかってないな~。まぁそんなレコード会社のセンスのなさは今に始まったことじゃないでほっといて、肝心の曲の内容です。曲のタイトルを見てわかるとおり全部ルーマニア語(正確にはモルドバ語)による怪しさ大爆発なCDです。日本盤のボーナストラックとして日本人によるRMXが収録されてます。Dragon Din Tei (Overhead Champion Remix)はDJ Koo (trf)が主催するMuzik-Channel所属のDJ KOTANIことサンタマリア小谷によるRMXです。アクアループ系のイケイケジャーマントランス風のRMXで非常に良いです。ブレイクのキラキラピアノがアクセントになっていて良いです。Dragon Din Tei (DJ Kaya & DJ Kousuke Remix)は日本の人気?DJ二人によるRMXでキラキラポップトランスで良いです。Dragon Din Tei (Eurobeat Mix)はイタリアでこの曲の版権持ってるTime Srlによる明らかに日本人しか聴かないだろうってなくらパラパラなRMXです。Dragon Din Teiですが、やはり個人的には一部でパクリと揶揄されてますがHaiduciiのGabry Ponte RMXが一番ですね。この曲をはじめて聴いたのは今から1年以上前ですから、日本に正式に入ってくるのに1年以上かかってますよね。毎度のことで驚きませんが、この手の曲が日本に上陸してくるのに時間がかかってしまうのは仕方のないことですかね?
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.04.02.[ Sat ]

RIMINI PROJECT - HEART BEATS

rimini_01.jpg

Disc 1
01 Scream My Name 3:44
02 No More Goodbye 3:26
03 Another Night 3:00
04 Up & Away? 2:57
05 I Call The Sun 3:16
06 Movin' Around 3:34
07 Think About The Way 3:10
08 To Be Or Not To Be 3:10
09 It's My Life 3:17
10 I Remember You Like Yesterday 3:23
11 Fall In Love Fall In Pain 3:24
12 Hi, We're Rimini Project 0:18
13 I Remember You Like Yesterday (New Radio Mix) 3:35
14 I Remember You Like Yesterday (Extended Version) 5:35
15 I Remember You Like Yesterday (Club Mix) 6:28
Disc 2
01 No More Goodbye (Video Edit) 3:42
02 No More Goodbye (Long Radio Version) 5:57
03 No More Goodbye (Rhythm Government Inc Remix) 6:51
04 No More Goodbye (Harmonic Street Mix) 5:11
05 Movin' Around (Extended Version) 4:55
06 Movin' Around (Club Mix) 6:47
07 Movin' Around (Instrumental) 3:33
08 Movin' Around (Bertelson Mix) 4:24
09 Movin' Around (Moonchild Mix) 6:11
10 To Be Or Not To Be (Rimini Style Radio Edit) 3:27
11 To Be Or Not To Be (Extended Version) 5:06
12 To Be Or Not To Be (PanAmericana Remix) 3:38
13 To Be Or Not To Be (Toronto's House Tribute Mix) 6:23
14 Scream My Name (Base Frequency Version) 6:09

オーストリアの大人気ダンスグープRimini Projectの2ndアルバムのお得盤です。メンバーはジャケット左からScandinavia、Sammy B.、Sarah K.で Sammy B. と Sarah K. は兄妹です。最近はSony AustriaからZYXに移籍したようでシングルが買いやすくなりました(笑)
Disc 1
Scream My Nameはどっかで聴いたことある超有名な曲のサビにそっくりなパンチあのある曲で非常に良いです。Another Nightはイントロから90年代後半流行った北欧系ユーロダンス全開のイケイケダンスポップで非常に良いです。なんかこういった感じの曲を聴くと懐かしいですね。Up & Away?はRiminiらしい激キャッチーなメロディーが個人的につぼにはまった名曲です。文句の付けようが無いです。個人的にはこれのExtendedが聴きたかったですね。I Call The Sunはさっきの雰囲気とは一転してシリアスな雰囲気のTranceMsterに収録されそうなキレのあるシンセビートが特徴的なエピックトランスで非常に良いです。Think About The Wayはスピード感のあるユーロビートテイストのイケイケポップトランスで非常に良いです。It's My Lifeは90年代後半流行ったユーロダンスのテイストの哀愁漂うメロディーが良い感じのポップトランスで非常に良いです。Fall In Love Fall In Painは1stアルバム収録のSounds Goodに激似なこれぞRimini Projectといった感じの激キャッチーなメロディーにVocalが見事マッチした曲で非常に良いです。I Remember You Like Yesterday (Extended Version)はテクノエピックトランステイストでゆったり目のほのぼのしたダンスポップで非常に良いです。I Remember You Like Yesterday (Club Mix)はハードでバキバキしたシンセビートで攻めまくるVocal少なめの原曲とは別の曲になりかけのハードトランスRMXでこれはこれで良いです。
Disc 2
No More Goodbye (Long Radio Version)この曲はRimini Projectの代表曲と行っても良いほどRiminiらしい爽やかさ&キャッチーなメロディーが良い感じのポップトランスで非常に良いです。No More Goodbye (Rhythm Government Inc Remix)は原曲の爽やかさを残しつつハードでイケイケ度を
アップさせたハードトランスRMXで非常に良いです。No More Goodbye (Harmonic Street Mix)はディスコテイストやトライバルテイストなど色んな要素が盛り込まれたハウスRMXです。Movin' Around (Extended Version)この曲も上の曲同様Riminiの代表曲といっても良いほどの曲です。激キャッチーで爽快感のあるメロディーがたまらないユーロダンスで非常に良いです。Movin' Around (Club Mix)はほとんどVocalなしのハードなシンセビートで攻めまくるイケイケハードトランスRMXで非常に良いです。Movin' Around (Bertelson Mix)は原曲の爽やかさを生かした見事なエピックトランスRMXで非常に良いです。Movin' Around (Moonchild Mix)は非常にまったりとした感じでハウステイストのポップRMXで非常に良いです。To Be Or Not To Be (Extended Version)は何処かで聴いたことあるような良くあるポップハウスです。To Be Or Not To Be (PanAmericana Remix)は原曲のポップな感じを生かしたテクノトランスRMXです。To Be Or Not To Be (Toronto's House Tribute Mix)は落ち着いた雰囲気のゆったりとしたムーディーなハウスRMXです。Scream My Name (Base Frequency Version)は原曲の特徴あるあのメロディーを見事に生かしたVocal少なめのイケイケハードトランスRMXで非常に良いです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.03.31.[ Thu ]

MISA - BANZAI

banzai.jpg

01 APOGEOUS EDIT (RADIO MIX) 3:38
02 DANK-ONE Vs. 4SKIPS RADIO EDIT 3:19
03 RED MONSTER MOCCHI'S EDIT 3:33
04 POGEOUS EXTENDED 5:09
05 TO-SK REMIX 3:47
06 VERSA BOYS REMIX 4:54
07 TECHNO RAVE VERSION 5:52
08 EURO HYPER VERSION 3:32
09 TECHNO SKYHIGH VERSION 6:17
10 RED MONSTER HYPER MIX 3:42
11 DANK-ONE Vs. 4SKIPS RMX 5:31
12 APOGEOUS KARAOKE VERSION 3:36

明らかに日本語の歌詞で日本人が歌ってるのですけど何故かこの曲を作ったのはイタリア人です(笑)だからライセンスもイタリアのレーベルNew Music Internationalにあります。アナログがイタリアで発売されたのが1999年です。ずいぶん息の長い曲です(笑)。今回は2005年バージョンとしてDank-One Vs. 4Skips RMXがNew RMXとして収録されてます。それ以外のRMXは1999年~2000年にかけてアナログで発売済みのRMXです。この歌詞の1,2,3,4をウン・ドス・トゥレス・クアトロといってる部分ですがこれはいったい何語か?考えられる候補としてはイタリア語、スペイン語、ポルトガル語が上げられるのですが、スペイン語Uno, Dos, Tres, Cuatro、ポルトガル語Un, Dois, Tres, Quatro、イタリア語ではUn, Due, Tre, Quattro以上の事からスペイン語かと思われます。色んなサイトでスペイン語のクワトロの綴りがQuatroになってますがCuatroじゃないんですかね?翻訳サイトで変換した場合Quatroの綴りだとポルトガル語になってしまいますけどね?まぁ、そんなことはどうでも良いんですけどね。因みにMusicaはイタリア語で音楽、L'ANIMAはイタリア語で魂です。APOGEOUS EXTENDEDはほのぼのとしたメロディーにMisaのVocalが見事にマッチしたテクノポップダンスで非常に良いです。TO-SK REMIXはAPOGEOUS EXTENDEDと同系のゆったりとしたテクノポップRMXで非常に良いです。TECHNO RAVE VERSIONはどこからどう聴いてもイケイケ全開のジュリアナテクノRMXです。EURO HYPER VERSIONはスピード感のあるユーロビート風のRMXです。TECHNO SKYHIGH VERSIONはTECHNO RAVE VERSIONより若干トランス風味のRMXです。VERSA BOYS REMIXは2ステップ系のまったりとしたハウスRMXで良いです。RED MONSTER MOCCHI'S EDIT、RED MONSTER HYPER MIXはTECHNO RAVE VERSIONに負けず劣らずジュリアナテクノしてます(笑)しかし、こちらのRMXの方がキックとシンセのバランスが良いです。それだけにもうちょっと分数長めに収録して欲しかったです。DANK-ONE vs. 4SKIPS RMXは原曲の良さを見事に生かした今流行のジャーマントランス風イケイケトランスで非常に良いです。しかし、携帯オーディオ全盛の時代に未だにCCCDを出し続けるとはさすがEMIです(爆)。因みにこのEMIですが、ヨーロッパでもEMIだけはかなり強力なコピープロテクトの掛かったCDを出し続けてます(笑)。結局どんなに強力なプロテクトを掛けたところで破られるんですけどね。無駄な抵抗です(笑)
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:1

2005.02.28.[ Mon ]

JESSY - DANCING IN THE DARK

jessy1.jpg

1 Radio Mix 4:11
2 Piano Mix 3:55

プロデューサーがRegiとFilipでVocalがJessy De SmetになっただけのまんまMilk Inc.なJessyの最新Singleは1stアルバム「Rain」からのカット曲でいつものトランスでは無くバラードナンバーです。ゆったりとして綺麗なメロディーにJessyの力強いVocalが見事にマッチして非常に良いです。たまにはこういった曲もいいですね~Piano Mixはその名のとおり伴奏がPianoだけになってよりJessyの力強いVocalが引き立ち良い感じに仕上がってます。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.20.[ Sun ]

IAN VAN DAHL - INSPIRATION

20050220223323.jpg

1 Radio Edit 3:35
2 TDR Remix 6:29
3 Peter Luts Remix 6:59
4 CéCéM Remix 7:43

この曲もLasgoやその他A&Sのアーティスト同様エグゼクティブ・プロデューサーはA&Sの総帥Stefan Wuytsです。TDR RemixはTDRことTom De RidderによるゆったりとしたテクノハウスRMXです。AnnemieのVocalを多少いじってます。Peter Luts Remixはまったりとしたトランス?ハウス?なRMXでどっちなのか微妙なRMXです。悪食わないんですけどね・・・CéCéMことWim RomboutsによるRMXです。ChilloutっぽいまったりとしたVocalを前面にだしてこないRMXです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.18.[ Fri ]

DAVE McCULLEN - B*TCH

20050218213111.jpg

1 Radio Edit 3:12
2 Club Extended 6:30

↓で紹介したLasgoのDavid Vervoortのソロです。フィルターのきいた男性Vocalのテクノハ・ウ・スです。地味目のノリジーなシンセビートで押しまくってます。時折はいる木魚みたいな怪しい音が面白いです(笑)。このあまりいけてない曲ですがベルギーでの人気はあるようで初登場の順位が6位でその後2,3週間Top 20にいました。意外とこの曲侮れないですね(笑)。あと、この曲のPVが意外と面白かったです。おじいさんおばあさんがゆったりとした曲に合わせて踊っているClubでDJを強制退去させてMcCULLENが美女2人と乱入してこの曲をPlayしておじいさんおばあさんが盛り上がるというお馬鹿な内容です(笑)そし極めつけが最後に「I just like to call you my bitch ~♪」とアカペラで大合唱です(笑)。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.02.18.[ Fri ]

LASGO - ALL NIGHT LONG

20050218210857.jpg

1 Radio Edit 3:28
2 Peter Luts Remix 7:07
3 McCullen und Ritter Mix 6:32

ガビーン!Lasgoお前もか!と思わず叫びたくなる様な路線変更!Peter LutsのソロはぎりぎりセーフですがIan Van DahlといいDavid Vervoortのソロといいハウスに路線変更していたのでまさかと思っていたのですが的中してしまいました(泣)。曲の感じとしてはポップ色の強いビヨンビヨンしたシンセビートが特徴的なハウスです。悪くはなにんですが・・・今までのLasgo=哀愁系Tranceのイメージから大きくかけ離れているのは確かです。ハウスへの路線変更はソロの時だけで良かったんですけどね(泣)。Peter Luts Remixは原曲よりノイジーなシンセビートで攻めまくるClub向け仕様のRMXです。McCullen und Ritter Mixは今流行のブリブリしたノイジーなシンセビートで押しまくるハ・ウ・スです。もう何も言うことはありません(泣)。DJ JeanやG-Spott - City Streetsが好きな人には受けそうです。しかもこの曲のPVがお間抜けです。Eviが赤ずきんちゃんのコスプレで狼や兎などのかぶり物をかぶった人たちと歌いながら踊ってます(笑)。因みにLasgoというグループ名の意味はスコットランドの都市のGlasgowからGとwを引いてLasgoだそうです。あと彼らがよくLiveでスコットランドの民族衣装を着る理由はDavidが好きなのと彼の家族がスコットランドに住んでいるからだそうです。
  1. Category:EuroDance|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

« PREV  | HOME |  NEXT »

Calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。